Bee Simulator ミツバチシミュレーター 巣を守ったり、探検したり、ミツバチ生活が待っている

Bee Simulator ミツバチシミュレーターゲームがSteamに。

Bee Simulator

『Bee Simulator』はVarsav Game Studiosが開発する、ミツバチシミュレーターゲームである。セントラルパークをモデルに作られた公園内を探検し、珍しい植物や特別な花を発見することができるという。また、画面分割モードでは協力、競争ができるという。3つのゲームモードを備えた『Bee Simulator』を紹介する。

『Bee Simulator』は様々な年齢層のプレイヤーに遊べるように設計されたゲームであるという。3つのゲームモードには、「シングルプレイ」、「探検モード」、「画面分割モード」がある。シングルプレイモードでは、ミツバチの家族として迫りくる脅威を追い払うという目的があるようだ。探検モードでは、公園内を自由に飛び回り、植物や花を発見していくというものだ。画面分割モードでは、ローカルマルチプレイによって、追加マップを含んだ探検と競争が楽しめるそうだ。

Bee Simulator

『Bee Simulator』の楽曲は『Witcher 3』のコンポーザーである、MikołajStroińskiが制作しており、リラックスした雰囲気が漂っている。本作のSteamにおける発売予定日は2019年春となっている。日本語対応はアナウンスされていない。興味があればストアページをチェックしてみてはいかがだろう。

記事のシェアはこちら

ライター/Semapho Twitterはこちら