Aftercharge 2つのチームに分かれて、エネルギー源を奪い合うFPS

『Aftercharge』 一口サイズの戦いが特徴のロボットFPS

『Aftercharge』はChainsawesome Gamesが開発、Steamにおいて配信予定のFPSである。3人で編成されるチームで、エクストラクターというエネルギー源を奪い合いながら戦うスタイルが本作の特徴だ。

Aftercharge

『Aftercharge』は「一口サイズの対戦」をテーマにした、FPS作品であり、「チーム」、「マップ」、「ラウンド」それぞれがコンパクトに設計されているようだ。マップ上には6つのエネルギー源、「エクストラクター」を奪い合うという。また、透明ロボットのチームと無敵のセキュリティ舞台に分かれて戦うという内容もユニークである。どうやら、これは攻撃側と防衛側を意味しているようで、ロボットチームは「エクストラクター」の破壊を目指し、セキュリティチームはそれらが全て破壊される前に、ロボットを倒すことが勝利条件のようだ。
お互いのチームで勝利条件が異なるというものは、『レインボーシックス シージ』にも通ずるが、『Aftercharge』はもっと、カジュアルに対戦を楽しめる作品であるような印象を受けた。

Aftercharge

Aftercharge

『Aftercharge』はSteamのほか、Xbox One、Nintendo Switchでの発売も決まっており、クロスプラットフォームマルチプレイヤーへの対応もアナウンスされている。つまり、この発表をそのまま受け取るとするならば、Steam、Xbox One、Nintendo Switchと異なるゲーム機のユーザー同士が同時に対戦ができるということになる。

バトルロイヤルゲームの流行などから、ユーザーからのクロスプラットフォーム対応を望む声は増している。
具体的に実現するかどうかは定かではないが、世界中のプレイヤーがゲームハードの壁を超えて熱中できるゲームがあれば、非常に面白いだろう。

1 2