goosetaf 2019年の新作アルバム『Sugar』でチル初めはいかが? ROOM BLOOM #3

goosetaf 2019年1月3日リリースの新アルバム『Sugar』を紹介

シアトルのトラックメイカーgoosetafが新年早々チルなアルバム『Sugar』をリリースした。本作は全体を通して、浮遊感があるものの、ユニークなビートが特徴だ。部屋にチルな空気を満たすならおすすめしたい作品である。

goosetaf

goosetafのトラックの特徴は、パーカッシブなリズムにある。それは、例えば民族楽器のようなパーカッションを用いているというよりも、金属音やガラスの音のような生活の中におけるノイズ音をサンプリングしているように感じた。ノイズ音と言っても耳障りなものではなく、むしろ浮遊感のあるシンセに映えるようなサウンドになっている。
それは『Sugar』でも同様で、浮遊感のあるトラックにあるリズムが癖になってくる。

goosetaf

2018年には『Akemi』という作品を含む、5枚のアルバムをリリースするなど精力的な活動も印象的だ。活動の軸としては、SoudcloudやSpotifyでの配信といったところであり、少なくとも日本にはCD、ヴァイナルなどは出回っていない。
『Akemi』のほかにも、『hizashi』というタイトルのアルバムをリリースしていたり、『Mochi』という楽曲など、日本語のタイトルを付けていることから、日本のカルチャーからの影響も強く感じられる。
なお、この『hizashi』は先述したようにパーカッシブなリズムを取り入れつつも、例えばKontaksのようなチルヒップホップが好きな人にもおすすめできるトラックがたくさん収録されている。

goosetaf

ちなみに、goosetafの名前は男性名である「グスタフ」と、ガチョウの「Goose」をかけているものと思われ、ロゴのパーカーを被ったガチョウがキュートである。

2019年も多くのアルバムをリリースすることが期待できる、goosetafの新譜をチェックしたい場合、TwitterやSpotifyをフォローすると良いだろう。

Twitter
Spotify

記事のシェアはこちら

ライター/Semapho Twitterはこちら