Wytchsun: Elleros Origins 世界崩壊を阻止せよ!広大な世界と豊富なバイオームを有する中世オープンワールド

Wytchsun: Elleros Origins 毎月アップデートも行われる広大な世界

Rampage Interactiveが制作するオープンワールドRPG『Wytchsun: Elleros Origins』の発売日が近づいてきた。本作は中世とファンタジーの世界観を特徴とするゲームで、プレイヤーはEllerosという世界の崩壊を阻止するために世界中を冒険するようだ。その世界観から、「Elder Scrolls」シリーズを思い浮かべるプレイヤーも多いと思われる。本稿では現在、判明している情報で、本作の特徴を述べていく。

『Wytchsun: Elleros Origins』は「大変動」と呼ばれる現象によって、滅びを迎えようとする世界を舞台にしている。プレイヤーはそれを阻止するために広大な世界を冒険することになるようだが、具体的にどういったプレイスルーになっていくのかは遊んでからのお楽しみのようだ。

ただし、開発者が念を押すように述べているのは、「広大な世界」であるということだ。四方数マイルに及ぶオープンワールドはすでに3つの町が用意されているようで、どのような風景が広がっているのだろうか。

Wytchsun: Elleros Origins

一見、のどかな村のようだが警備は厳しいようだ。

本作の戦闘面の特徴としては、プレイヤーに特定のクラスを与えない、いわゆる「フリークラス」システムを導入しているという。つまり、魔術師や僧侶でプレイしたい場合は魔法系の装備を整えて冒険することができる。もちろん、その切り替えも自由にできるだろう。
また、キャラクターカスタマイズで見た目の変化を楽しめるようなシステムも用意されているとのこと。

発売後も定期的にアップデートを行うことを発表しており、その度に世界は広がり、密度が高まることが期待される。RPGファンはもちろん、オープンワールドゲーム好きは楽しめるかもしれない。

『Wytchsun: Elleros Origins』は2019年5月28日に発売予定である。シングルプレイのみに対応しており、日本語対応のアナウンスは今のところない。また、コントローラーに対応しているとのアナウンスもないため、その点は注意が必要だろう。

Rampage Interactive

ライター/Semapho Twitterはこちら