ARK 恐竜図鑑 1ページ目

 

 

Ark Survival Evolved オフィシャルサイトはこちら

Ark Survival Evolved 海外公式サイトはこちら

Ark Survival Evolved Steamストアはこちら

【PS4】ARK: Survival Evolved【特典】価格と在庫を見る

テイムの早見表(製作中)はこちらに掲載しています。

 

■重要

この恐竜図鑑はあくまでも、
管理人セマフォの集めた情報と個人の経験から来るものです。
参考程度にして頂けると嬉しいです。

 

ドードー 紹介

飛べない鳥として有名。カモや水鳥に似た容姿。
鈍足であるため狩りをするのも、テイムをするのも簡単。
初心者の方はテイムの練習としてまずはドードー、
というのも良いかも知れない。

また、テイム後は掴んで投げることができるため、
柱を二本立ててその間を通した方が勝ち、
というハンドボールとPKを併せた
遊びを考案したけれどセマフォはまだ達成できていない。
この遊びの名前は「ハンドードーボール」としようか迷っている。

●生態について

・草食生物
・攻撃すると逃げていく
・一匹にダメージを与えると周囲のドードーも逃げる
・PvPの場合ドードーは伝染病を持っていることがある(後述)

●運用

キブルに必要なもの

  • ドードーの卵
  • メジョベリー×2
  • 繊維×3
  • 調理した肉
  • ニンジン

 

ドードーキブルが好きな恐竜たち・・・

  • イクチオサウルス
  • メソピテクス
  • プテラノドン

 

●PvP運用やコメント

ドードーはPvPにおいて実は非常に厄介な生物でもある。
それはドードーが伝染病を持っているからだ。
このゲーム内においての伝染病は感染すると、
プレイヤーはゴホゴホとせき込んだ状況になり、
ステータスがある程度低下する。
それに加え、周囲のプレイヤーにも伝染してしまう。
それはそのプレイヤーが死亡しても伝染するため、
非常に厄介なものになっている。

・伝染病の治療


ドードーをはじめ、ヒルから感染したステータス異常は
解毒剤を使用することで治ります。
また、解毒剤はプレイヤーだけでなく
感染したドードーにも遠隔操作(Remote)で使用できます。


・解毒剤の作り方


レベル20で解放されるエングラム取得後、
すり鉢で
レアフラワー、レアマッシュルーム、ヒルの血液、麻酔薬
を材料にすることでクラフト可能。


 

パラサウロロフス 紹介

見た目は少し面長で頭部の骨が出っ張った草食恐竜。
俊敏なので狩りとテイムはほんの少しコツが必要。
攻撃を加えた方向と真逆(プレイヤーの逆)に逃げるため、
その方向に拠点や大きな壁があれば容易に狩れる。
序盤では特に皮を多く入手するのに重宝されることも。
テイム後はあたり判定が分かりにくいため、
採取用というよりは移動用恐竜。
足も速く、スタミナもあるため個人的に好きな恐竜。
捕まえやすいためみんなでレースしても楽しめると思う。

●生態について

・草食恐竜
・水中の移動も実は優秀!
・俊敏
・個体数は多いがサーバーが込み合ってるときは出くわさないことも
・攻撃を加えると逃げる

●運用

キブルに必要なもの

  • パラサウロロフスの卵
  • メジョベリー×2
  • 繊維×3
  • 調理した肉(干し肉でも可)
  • トウモロコシ

パラサウロロフスキブルが好きな恐竜たち・・・

  • ユタラプトル
  • 他未確認

●PvP運用やコメント

パラサウロロフスは僕が初めて捕まえた恐竜なだけあって、
非常に好きな恐竜です。
この恐竜図鑑ならびに、屋根裏部屋では
パラサウロロフスの話題がいくつか出ています。

その中でやはりお伝えしたいのは、
パラサウロロフスの俊敏性とスタミナの一定の高さへの評価。
操作性は使いやすいわけではないけれど、
ARKにおいての恐竜操作を理解した人ならば、
そこまで難しいわけではない。

むしろ、着目すべきなのは、
それを利用したオリジナルゲームのことである。
パラサウロロフスは凡庸性が高く、
割と捕まえやすい恐竜なので、
トライブ内もしくはフレンド、参加者などと、
パラサウロロフスを使ったレースを楽しむことができる。

PS4においてはそれは公式のPvEサーバーで行うことをおすすめする。
理由としては個人のワールドだとホストと
一定の距離離れるとゲストは吸い寄せられてしまうからだ。
そのため、公式サーバーで行うことが良いだろう。

つまり、操作性が抜群でないからこそ、
コースや障害物、または自然のオブジェクトを避ける、
そういったゲーム性が生まれるのでそこが味噌である。


 

ディロフォサウルス 紹介

トサカというか首の周りにイグアナやオオトカゲのような、
エリマキが付いている小型の肉食恐竜。
小型だけど、序盤ではふつうにやられちゃいます。

倒し方のポイントとしては、
慣れないうちはパチンコ、弓矢などで戦うと非常に楽。
時折、毒を吐いてくるが、
毒吐きの前に立ち止まり発射してくるので、
その立ち止まりモーションの際に横に移動し続ければ、
恐らく当たることは少ないだろう。

■生態について

・肉食恐竜
・群れで襲ってくる
・割と鈍足
・積極的に攻撃を仕掛けてくる

■運用について

キブルに必要なもの

  • ディロフォサウルスの卵
  • メジョベリー×2
  • 繊維×3
  • 干し肉
  • レモン

ディロフォサウルスキブルが好きな恐竜たち・・・

  • アンキロサウルス
  • ドエディクルス
  • 他も調査中

■PvP運用について

テイムに関しては、
一番手頃な肉食恐竜と言えども
数匹連れて歩くと安心感があると思われる。

ただ、対恐竜というよりも、
個人的にはPvPにおいて、
すぐテイムできる警備隊としてに運用に期待できるところ。

これはディモルフォドンにも通ずるものがある。
おすすめの警備のさせ方は、
まず拠点の構え方からなのだが、
山などに拠点を作ることがおすすめ。

特にある一方から登らなければ、
拠点にたどり着けないような斜面に放つと割と厄介。

例えば門のようなものを途中において、
それを壊さなければならないような造りであると、
敵が門を叩いた瞬間に、数匹のディロフォとディモルフォドンが襲う。
という仕組みだとめっちゃ怖い。

ちなみになぜ、ディロフォサウルスとディモルフォドンなのか?
というと、小さくて隠しやすい。
そしてテイムしやすい。
おまけにディロフォサウルスは毒で目くらまし。
ディロフォは空中からの攻撃。
これだけ喰らえば並みのプレイヤーは逃げるのでは。

 

 

ARK テイムの基本動画を作りました!