The 1975 Sincerity Is Scary MV公開 サウンド分析&レビュー

The 1975 Sincerity is Scary ジャーナリストによるサウンド分析&レビュー

 

誠実さは恐ろしくもある。そんなメッセージをユニークなMVに。

The 1975 A Brief Inquiry Into Online Relationships

The 1975はUKはマンチェスター出身の幼馴染で結成されたロックバンドだ。オルタナティブロックとも分類される、そのサウンドはニューウェーブやポップミュージックなどのエッセンスも備えている。日本国内でも人気は高く、新アルバム『A Brief Inquiry Into Online Relationships』への期待が高まっている。本稿では、You Tubeにおいて公開されたばかりの新曲『Sincerity is Scary』のMVを参照しつつ、そのサウンドの分析とレビューを行っていく。

ず、私が思わずニヤけてしまったのは、イントロから鳴るピアノのゴージャス且つ爽やかな音だ。Norah Jonesの『Don’t Know Why』のように湿度のある音なのだが、朝から聞いても心地よいだろう。さらに印象的なのは、ビートにある。恐らく、これはシーケンサー(MPCやMaschineなどの)によって奏でられたものだと思われる。ハイハットの入れ方や、4小節ごとのケツに来るスネアの入れ方(ディレイを用いたようなアクセント)がヒップホップやクラブミュージックのそれを思わせる。さらに、トランペットのサウンドも心地よい。ソウルミュージックやファンクの影響を感じつつも、ビートによってラフな雰囲気が演出されている。もし、The 1975を知らずに、『Sincerity is Scary』だけを聞いたら、ロックバンドとは思わないかも知れない。

The 1975 Sincerity Is Scary

VERSEは全体的に一定のリズムをもって歌うというよりは、ビートに沿ったり、その隙間を言葉で埋めたりという足し引きがなされている。ただし、CHORUSはオーディエンスで大合唱できるような分かりやすいメロディになっており、気持ちの良いフックというイメージを持つことができた。

全体としては、幅広いブラックミュージックに影響を受けているという印象だ。そのため、上述した内容を含め、骨太ロックを求めた人々が満足できるか、と問われれば首を縦に振ることはできない。ただし、現在の多くのリスナーはジャンル問わず、様々な音楽を聞くようになっている。そのため、ロックがどんなものか、ブラックミュージックがどうだ、などという理解を必要とはしていない。そういったことを考えると、多種多様なロックであると捉えることもできるだろう。つまり、それこそがオルタナティヴロックなのだ。ニューアルバム『A Brief Inquiry Into Online Relationships』は2018年11月30日(現地時間)に発売予定である。Spotifyなどの配信サービスでも配信予定だ。

記事のシェアはこちら

ライター/Semapho Twitterはこちら

 

『Santa Runner』レビュー 超ミニマルな横スクロール評価はいかに?

Santa Runner レビュー 超ミニマルでカジュアルな横スクロールアドベンチャーをプレイ

 

『Santa Runner』Steamに溢れる謎ゲー、最新作をレビュー

Steamは一生かけても遊びきれないほど、非常に多くのゲームで溢れている。その中でも「これ、どんなゲームなんだ?」というミステリアスなゲームを見かけたことはないだろうか。私はそれは「謎ゲー」と呼んでいる。「謎ゲー」の中には非常にユニークなゲームシステムを持つものがあり、言ってしまえばインディーゲームはそもそも、謎の多い市場だったのだ。『Undertale』や『Stardew Valley』のような世界的大ヒットを果たす作品が個人開発者から生まれるとは、誰も予想していなかっただろう。つまり、「謎ゲー」を追うということは、インディーゲームシーンそのものを追うということだ。本稿はまさに、そんな最新の謎ゲー『Santa Runner』のレビューである。ゲームシステムについての意見や感想を述べつつ、最後には点数を付けるため、参考にしていただければ幸いだ。

 

厳しい評価をせざるを得ない。「ミニマル」と「機能の不足」の違い。

『Santa Runner』はシングルプレイタイトルであり、コントローラーサポートには未対応の横スクロール……なゲームだ。実は、このゲームは機能が非常に少ない。それは、ゲームを立ち上げて5秒で気付くことだろう。まず、音声やBGMがなく、ゲーム中にプレイヤーができる行動は「ジャンプ」一つだけだ。ESCも聞かないため、一度プレイを始めると、ひたすらサンタさんが横切っていくことになる。立ち上げた当初から、若干危険な匂いがしていた。

ームはベルトスクロールで画面右方向に進んでいく。そこを、日の玉や、ゾンビ、モンスターが歩いたり、走ったりしていく。ジャンプして敵を踏むと、倒すことができ、スコアが10入手できる。自由な操作を許さない『スーパーマリオブラザーズ』という感覚だ。コース上にはサプライボックスのようなアイテムも流れてくる。それに触れると20スコア獲得できる。そのため、ハイスコアを目指すというゲームプレイである。

 

ういったカジュアルな横スクロールアドベンチャーにおいて、敵を倒したり、アイテムを入手してハイスコアを目指すという流れについては良いと思う。ただし、『Santa Runner』の場合、ポイント入手の方法が2つしかなく、それがゲームの大部分である。近年、ミニマル志向なゲームもSteamにいくつか登場し、インディーゲームシーンの気運と共に増えてきてはいるものの、「ミニマル」と「機能の不足」は全く違う。最低限度の機能を保ち、それを個性としながらもゲーム体験を提供するのが、ゲームにおける「ミニマリズム」であると筆者は理解している。ただし、『Santa Runner』は開発をやりやすくするために、機能を徹底的に排除したのだと思ってしまう。

では、どういう機能を追加すれば改善されるのか。

『Santa Runner』はゲームを面白くする機能が徹底的に排除されているということを上述したが、どうすればやり応えのあるゲームになるのだろうか。自動的に画面が横にスクロールし、敵が流れてくるという形はそのままに、追加すべき機能について考えてみた。もちろん、ゲームとしての最低限の機能(ESCキーの有効化、オプション画面、コントローラーサポートなど)については、当然実装されるべきであるが、本稿ではゲームシステムやゲームプレイに関する追加要素について述べていく。

ず、ジャンプしかできないというのは問題だ。前後に動けるようになるだけで、本作の印象は劇的に変化する。つまり、理不尽な死亡というシーンが圧倒的に減少されるからだ。そして、「なぜ、サンタなのか」という設定を意図を感じさせるゲームプレイにすべきだろう。例えば、特殊なアイテムを入手したら、トナカイのソリがやってきて、無敵になるというのはどうだろうか。そして、敵にもバリエーションが欲しい。登場する敵は、どれも流れてくるだけで、障害物でしかない。これは、当たったらゲームオーバーであるということなら、バケツでもモップでも良くてモンスターである必要がない。そこで、弾を飛ばしてくる敵や、急に立ち止まるなど不規則な動きをする敵、1回踏んだだけでは倒せない敵などバリエーションが欲しい。また、ビジュアルについても、もっとサンタやクリスマスと関連付けたものが良いだろう。例えば、もみの木の形をした人面樹などがいれば分かりやすいだろう。そういった方向性で捉えるならば、入手することでポイントが獲得できるアイテムについても、ベルやリボン、サンタ帽やぬいぐるみなど、「クリスマス→サンタ→子どもたちにプレゼント」というような関連付けは必須だろう。

それでは最後に、『Santa Runner』のレビュースコアを付けさせていただく。レビュースコアは満点で「10点」である。

『Santa Runner』レビュースコアは 「1」

セマフォの屋根裏部屋における『Santa Runner』のレビュースコアは「1点」である。以下は評価内容である。

・機能不足(-)
・ゲームプレイの深みがない(-)
・目標がハイスコアを目指すしかない(-)
・なぜ、サンタなのか伝わらないコンセプト(-)

記事のシェアはこちら

ライター/Semapho Twitterはこちら

Crazy Dreamz: Best of プレビュー サクサク挑めるステージが最大の持ち味

Crazy Dreamz: Best of プレビュー 短いステージの詰め合わせが特徴

 

「Crazy Dreamz: Best of」プレビュー

これまでにゲームニュースとして多くの横スクロールのカジュアルゲームを紹介してきた。そして、今回「Crazy Dreamz: Best of」をリリースに先行して遊ぶことができたため、プレビューをお伝えする次第だ。

「Crazy Dreamz: Best of」は非常に短いステージを100ほど詰め合わせている横スクロールゲームであり、各エリアにボスがいる。通常ステージをクリアしていくとボスステージがアンロックされ、それに挑んでいくことになる。

Crazy Dreamz: Best of

サクサク、そしてドッサリあるステージ

まず、先に述べるとセマフォの屋根裏部屋は後日”リアルタイムプレビュー”と名付けたライブ配信によって「Crazy Dreamz: Best of」をはじめとする発売前のゲームをプレイしていく。そのため、このプレビューはあくまでも最初のエリアクリア時(10ステージクリア)の段階のプレビューである。

まずプレイした最初の印象としてはどのキャラクターもポップで可愛いということ。ステージの色合いも非常に綺麗でくっきりとしているため、全体としてカラフルな印象を受けた。敵キャラクターが放つ弾のようなものも細かく描かれているため、グラフィック面での丁寧さはすでに完成されていると思われる。主人公の猫は魔法使いであり、ステッキを振ると弾が飛んでいき攻撃ができる。基本的にはまっすぐ横に飛んでいくため、場合によってはジャンプして撃つことも重要になるだろう。

Crazy Dreamz: Best of
マップ背景はエリアやステージごとに変化するため注目すると面白いだろう

ステージも非常にサクサククリアできる上にベストタイムの更新を目指すタイムアタックのような遊び方も可能である。任天堂タイトルのようにコントローラーを回しながら複数人でベストタイムを競うという遊びは盛り上がるだろう。さらに、こういったステージが100ほど用意されており、それがこのゲームの最大の持ち味である。

ただし、まだ製品版でないということもあって、課題もある。例えばジャンプ中の左右の操作は非常にザックリとしていて空中での操作はやり辛さを感じた。また、仕様なのかも知れないが地面が傾いている場所に立つとキャラクターはその角度に合わせてステッキを振る。それが、便利な時もあれば不自然に感じる時もあった。

ボス戦は現在のプレイ段階では、とても分かりやすい倒し方をしているがかと言って、コツを掴む前にただ真っすぐ向かうと、きっと負けることもあるだろう。そういう意味ではバランスは良いところを突いているようにも思う。

ステージがサクサク進むという話をしたが、例えばエリア1のステージで言うと15秒ほどでクリア可能だ。もっと早くクリアできる人もいるだろうし、初見ではクリアに時間がかかる人もいるだろう。このステージバランスについては上記したリアルタイムプレビューでもお伝えしていきたい。

例えば「星のカービィ」シリーズが好きなプレイヤーにとってはそれをもっとカジュアルにしたものと思ってもらえれば伝わりやすいだろうか。つまり、小さなステージをぎゅっと詰め込んだ一本のゲームと考えるとなんだか贅沢な気持ちにもなる。

「Crazy Dreamz: Best of」の一般リリースは2018年3月23日だ。

記事のシェアはこちらから

ライター/Semapho Twitterフォローよろしくお願いします。

毎日、ゲームニュースが熱い……!

セマフォの屋根裏部屋では毎日、ゲームニュースをお届けしています。