『レインボーシックス シージ』のデータが保存されたDNAを注入したエナジードリンクが製造

『レインボーシックス シージ』のデータDNA入りのエナジードリンクが製造

「R6S」のデータDNAが入ったエナジードリンク『Fusion DNA Siege』がブラジルで製造

BY SEMAPHO ――飲んでもオペレーターにはなれないようだ。

ユービーアイソフトからリリースされた人気FPS『レインボーシックス シージ』と、飲料メーカーアンハイザー・ブッシュ・インベブが協力し、本作のデータが保存されたDNA入りのエナジードリンクがブラジルで製造されたという。

UBI ブラジルがトレーラーを公開

 

技術開発はHelixworks Technology社である。そもそもDNAは近年、データを保存する媒体としても注目されており、『Fusion DNA Siege』には3DプリントされたDNAデータが注入されているという。
公式サイトでは「戦略やマップなどのコンテンツが詰め込まれている」と紹介されており、そのユニークさがうかがえる。
現在のところ、日本での製造についてはアナウンスされていない。

Within the Cosmos 人類の生き残りとして戦う、ファーストパーソンSFRPG

Within the Cosmos 人類の生き残りとして戦う!一人称視点のSci-fi RPG

Within the Cosmos たどり着いた惑星はあまりにも危険が多いようだ

BY SEMAPHO

『Within the Cosmos』は独立系開発スタジオのdebdevが制作する一人称視点のRPGである。
2278年、滅びゆく人類の種を残すために、人間はプレイヤーを含む500人を惑星「Berith Ⅱ」に送った。しかし、プレイヤーたちがたどり着いた惑星は、未知なる敵が潜んでいた。

Within the Cosmos

『Within the Cosmos』はシングルプレイタイトルであり、日本語対応はアナウンスされていない。
特徴としてはプレイヤーの成長要素や銃のカスタマイズ機能がある点だ。SFをテーマにしており、銃が登場する一人称視点RPGということで、FPSゲーマーにも楽しめそうな印象を覚えた。
また、戦闘においてもいくつかの選択肢があるようで、ステルスが上手くいけば最小限の消耗で敵の陣営を突破できそうだ。

Within the Cosmos

Steamにおいて2019年8月17日に発売予定とのこと。
「Fallout」シリーズや「Metro」シリーズとは、異なる雰囲気を持っているが、そういったシングルプレイRPGを楽しんできたゲーマーはチェックしていると良いかも知れない。

『Within the Cosmos』最新のゲームプレイトレーラーはこちら


 

本日発売予定のライフシミュレーター『NEW LIFE』って?

NEW LIFE 新たな人生を歩むライフシミュレーターの概要について

NEW LIFE 本日発売予定の気になるタイトル

BY SEMAPHO

2019年8月12日、Steamにおいて早期アクセス開始予定のアドベンチャー『NEW LIFE』が気になる、といったユーザーも多いのではないだろうか。開発はDenside Studiosという独立系開発であり、これまでにSteamでリリースしたタイトルはない。一見、「GTA」シリーズのような見た目だが、どのようなゲームなのだろうか。

NEW LIFE

プレイヤーは市民として生活をスタートし、トラックドライバーから怪しい薬のディーラーまで様々な職業を選ぶことができるようだ。もちろん、犯罪と戦い同じ市民を助ける警察や消防士などにもなれるようで、ライフシミュレーターならではの自由なゲームプレイが楽しめそうだ。
お金を稼ぐことで洋服や車を購入できるため、現実における労働とその対価がそのままゲームに落とし込まれた印象がある。実際に開発スタジオは「現実の生活にインスパイアされた」とも語っている。

NEW LIFE

NEW LIFE

『NEW LIFE』のアルファ版のトレーラーを観る

 

 

まとめ
■独立系開発から新たなライフシミュレーターがリリース
■自由度の高さが特徴
■早期アクセスタイトル

午後を乗り越えるパワーをもっと!魅力的なゲームトレーラーたちを紹介

午後からもうひと踏ん張りできるパワーを手に入れよう!魅力的な作品たちを紹介。

 

早く帰ってゲームがプレイしたくなるようなワクワク ゲームトレーラー 5/27更新

E3 2019があと2週間ほどと迫っており、きっと新たな魅力的な作品を紹介するトレーラーがたくさん公開されるだろう。自分が好きなゲームシリーズであれば、何度も見てしまうようなこともあるだろう。本稿では、そんなゲームトレーラーたちを紹介していく。
午後から気分を新たに仕事、学校、家事に臨んでいける、そんなワクワクを感じて頂ければ幸いである。

ファイナルファンタジー XIV 漆黒のヴィランズ

『ファイナルファンタジー VIII』に登場した「ガンブレード」が追加コンテンツ「漆黒のヴィランズ」で復活。とはいえ、独自の設定で元々世界にあったものという位置付け。ロスガル族の間で継承されてきた武器らしい。

闇の戦士の物語は、プレイヤーたち光の戦士とどのように交わっていくのか。また、新ジョブ「ガンブレイカー」、「踊り子」が追加。そして、新種族「ロスガル族」、「ヴィエラ族」が追加。盛りだくさんのコンテンツとなっているようだ。2019年7月2日発売予定。

レインボーシックス シージ Year4 シーズン2 「ファントムサイト」

 

アタッカー「Nøkk」とディフェンダー「Warden」を追加する新DLC。対策や戦略が大きく変化する可能性があるため、プレイヤーたちの研究はまだまだ尽きないだろう。

DOOM 25周年記念トレーラー

PCゲーム、あるいはFPSの黎明期からシーンをけん引してきた名作「DOOM」シリーズは2019年を「Year of DOOM」と名付け、再びFPSプレイヤーを熱狂させていくという。

ライター/Semapho Twitterはこちら

 

RICO 2019年の台風の目となりそうなFPSがいよいよ登場する……!

RICO FPS 2019年の台風の目となるか。ランダム生成のミッションでコアゲーマーの欲求を満たせるか。

2019年に登場するダークホース的FPS『RICO』とはいったいどんなゲームなのか。

2019年は昨年に引き続き注目タイトルが発売されており、多くのコアゲーマーがなにを購入すべきか迷っていると思われる。そんな中、静かにリリースの時を迎えようとしている2019年のダークホース的なFPSに弊誌は注目している。

協力型アクションシューター『RICO』である。

本作の特徴は「Co-op」、「ランダム生成のミッション」、「オンライン/オフライン両方に対応したマルチプレイヤー」という3つのゲームシステムにある。
本稿では、PvEアクションゲームに興味があるFPSゲーマーにとっては、非常に魅力的な要素が”たんまりと”詰まった本作を紹介していこう。

『RICO』とは、どんなゲーム?なぜ、注目すべきなのか

『RICO』とは、Ground Shatterが開発、Rising Star GamesがパブリッシュするCo-op FPSである。
プレイヤーは刑事として、凶悪事件を引き起こす悪党と戦い、事件解決を目指すという設定である。ミッション(事件)は毎回ランダム生成されるため、同じミッションは二度と発生しないという。
マルチプレイは、オフラインとオンライン両方に対応しており、オフラインでは画面分割プレイができるようだ。現時点での情報から察するに、2人プレイに対応していると思われる。

RICO FPS
鉄パイプを構えた悪党など迫力のあるアクションシューター『RICO』

 

また、スコアシステムを導入しているため、自己ベストやフレンドよりも良いスコアを目指すなど、ミッションに対する目標も立てやすいだろう。
さらにリワード(報酬)も得られるらしく、どういったものが入手できるのか気になるところだ。

さらに以下のような機能もアナウンスされている。

・アンロック可能な武器
・アンロック可能なミッションタイプ
・デイリープレイモード

『RICO』の特徴としては3Dアニメやアメコミを織り交ぜたようなビジュアルも挙げられるだろう。
例えば、「Grand Theft Auto」シリーズのパッケージに描かれているアートワークのような雰囲気を感じる。こうしたキャラクターたちが戦いの中でどのように表情を変えていくのか興味深い。

RICO FPS

弊誌では以前に2度ほど本作を紹介している。それは本作から今後のFPS(あるいはTPS)に必要な重要な要素を強く感じたからだ。
それは上記した「ランダム生成」というシステムであり、新鮮なゲーム体験を長くにわたって味わえるのは魅力ではないだろうか。

このランダム生成というシステムは昔から様々なジャンルのゲームに導入されており、それ自体は改めて紹介するほど珍しいものではない。ただし、『RICO』のように、「刑事」、「事件」、「悪党」といったキーワードとCo-opシステムは非常に結びつきやすい。どういったゲームプレイがあるのか、これまで体験したゲームだけでなく、ドラマや映画などで観たシーンが思い浮かぶゲーマーも少なくないだろう。

アクションシューターと刑事モノという組み合わせは「王道」と言っても良いだろう。
ゲームによっては、その世界観に合わせた用語や造語がたくさん登場するものもある。それらは、独自の世界観を作り出すうえでは役に立つが、それがどんな意味なのか、あるいはどういった役割を果たすのかプレイヤーに伝わらなければ、逆に世界観を理解する際の妨げになってしまう。

そうした意味で、『RICO』は非常に分かりやすいゲームテーマを持っている。さらに我々がコンテンツを予想し、様々なことを期待したくなる「ランダム生成」というシステムも搭載している。
そのため、本作はすでに「プレイヤーにゲームの世界観を理解してもらう」という課題をクリアしている可能性が高い。もちろん、これまでFPSやアクションゲームをあまりプレイしてこなかったゲーマーにはハードルが高いかも知れないが、「悪党を倒す刑事を描いたゲーム」であることはなんとなくわかるだろう。

実は筆者は密かに2019年のゲームシーンのキーワードは「Co-op」と「SF(ロボット)」であると思っている。後者はまた別の機会に述べるとして、2019年の「Co-op」ゲームは期待作が揃っているのだ。
先日、発売された『Anthem』、そして『The Division2』、『GTFO』などがそうだ。

もしかすると、『RICO』が2019年のFPS/TPSを象徴するゲームになるかもしれない。
時々、インディーシーンからはそういった特別なタイトルが現れることがある。『Dead by Daylight』や『The Forest』のように何百万本ものセールスを記録するゲームがインディーから登場するとは、10年前に誰が予想できただろうか。

『RICO』を含めたインディーシーンからはそうした野心的なエネルギーを強く感じる。

本作は2019年3月15日にSteamで発売予定であり、日本語対応もアナウンスされている。もし、興味があればストアページをチェックしてみてはいかがだろうか。

ライター/Semapho Twitterはこちら

海外ゲーム開発スタジオとリモートワーク中のゲーマーが注目する3月リリース予定のFPS/TPS4作品

海外の開発スタジオと契約中のフリーランサーが選ぶ、2019年3月に発売予定のFPS/TPS注目4作品

メジャーからインディーまで!チェックしておきたいFPS/TPS作品たち(2019年3月)

【ご報告】海外ゲーム開発スタジオと契約中です。

GTFO FPS

冒頭から、私自身の話で恐縮ですが、働き方が大きく変化しつつあります。
私は現在、スウェーデンのゲーム開発スタジオ、10 Chambers CollectiveのPRエージェントとして契約しています。
PRを担当しているゲームは『GTFO』というCo-opホラーFPSであり、契約期間中、本作の日本におけるPR(広範囲な表現だが)は私が担当することになっています(GTFO開発者へのインタビューはこちら)。
セマフォの屋根裏部屋の記事の更新頻度は下がっておりますが、弊誌が当初から掲げてきた「たった一人で考える時間を作る」ということを追求し、その延長線上に現在の働き方があるのだと確信しております。
つまり、セマフォの屋根裏部屋で掲載したたくさんのインタビューがなければ、IGN JAPANなどのゲームメディアで記事を書くことはなかったでしょう。そして、その経験がなければ、日本のゲームシーンに「なにが必要なのか」を考えることもなかったでしょう。

私に書く力を与えて頂いた読者の皆さまと、意味を与えて頂いたクライアントの皆さまに感謝申し上げます。

もちろん、セマフォの屋根裏部屋は今後も更新してまいります。
ここは私の居場所であり、今後も「気付き」と「築き」のきっかけがこの場所から生まれていくことでしょう。

※当サイトの記事の転載は許可していません。

2019年3月のFPS/TPSは名作の続編から野心的な作品までギッチリ発売予定

2019年はすでに『BIOHAZARD RE:2 Z』などのヒット作が生まれており、昨年に引き続き豊作が期待できそうだ。
そこで、今回は2019年3月に発売予定のFPS/TPS期待作を紹介していく。メジャー、インディー問わずユニークな様々な作品が発売予定だ。

① 協力型アクションシューター 『RICO』(Steam)

『RICO』はGround Shelterが開発するCo-op FPSである。
24時間以内に事件解決を目指す、2人組の刑事を描いた協力型アクションシューターなのだが、本作のユニークなポイントはランダム生成のミッションとビジュアルにある。
架空の犯罪組織が起こした事件の解決がプレイヤーに与えられるミッションなのだが、その内容は毎回変化していくのだという。また、新しい武器、ミッションタイプなどがアンロック可能であり、幅広いゲームプレイが期待できる。

また、ゲームビジュアルもユニークで、アメコミや3Dアニメなどの影響を感じつつも、伝統的なFPS作品の風格も感じられる。フォトリアルとは一線を画すグラフィックが本作の特徴といえるだろう。それと関係するのかどうかは定かではないが、ゲームの要求スペックも低いため、最新のPCでなくてもプレイしやすいだろう。

・2019年3月15日発売予定
・シングル/ローカルマルチ(画面分割)/オンラインマルチ対応
・日本語対応
・Steam

GTFO 新しいスクリーンショットが公開。アンバサダー向けにメッセージが届く。

GTFO アンバサダー向けのニュースレターに新たなスクリーンショットが公開

GTFO アンバサダー登録と公式Discordサーバー 最新情報が入手できる。

協力型ダンジョン探索FPS『GTFO』はコミュニティに対する感謝と新しいスクリーンショットをアンバサダー向けに公開した。2018年はE3をきっかけに世界中のコアなFPSゲーマーに注目され、多くの期待が寄せられることになった。また、弊誌では開発者にインタビューを行い、その世界観とゲームシステムをお伝えしてきた。それについては、国内のコアなFPSゲーマーに満足して頂けたなら幸いである(インタビュー記事)。

『GTFO』の開発チーム、10 Chambers Collectiveは、度々アンバサダー向けに情報を公開している。アンバサダーになるには、オフィシャルサイトから登録できる。また、ニュースレターでも紹介されているが、公式Discordサーバーも立ち上げれた(Discord)。

今回のニュースレターは年内のコミュニティのサポートへの感謝と以下のスクリーンショットが添えられていた。

GTFO

『GTFO』は2019年春に早期アクセスを開始予定である。今後も弊誌では情報を公開していくため、読んで頂ければ幸いだ。興味があればストアページをチェックしてみてはいかがだろう。

記事のシェアはこちら

ライター/Semapho Twitterはこちら

 

GTFO Interview with 10 Chambers Collective of Game Developer

GTFO Interview with Game Developer 10 Chambers Collective

GTFO Dungeon exploration FPS developed by Payday developers.

GTFO is an FPS game pursuing real fear and challenge. Four players explore the dungeons and defeat the monsters. The atmosphere is eerie, I also feel like an approach like a horror game. This interview is at the time of E3 in 2018. Originally it was only available in Japanese version, but I got response to requests from gamers and I released the English version.

If you want to read Japanese version interviews, you can read from here.
(もし、日本語版のインタビューが読みたい場合はこちらから読むことができる)

“GTFO” is a new FPS by staff involved in the development of “Payday”. And hardcore FPS gamers are already paying attention to their elegant atmosphere and stylish shooter style.
Challenge madness with the team.

GTFO

“But we would never rule out the possibility of there being a console version in the future!”

――With the information I got, GTFO players “scavenger team” invade “The Complex” in search of treasure. Does the matching finish if the players get one treasure? Or will it be a mission based gameplay? Please tell me how the players will explore “The Complex”.

There is are endless sections of The Complex to explore, and you are forced down there by The Warden to carry out different objectives – each expedition is different from the previous in layout, enemies and other conditions. You can choose to just complete the mandatory objective and get out, or you can go on little “side missions” to scavenge things for yourself – things The Warden let you keep.

――Does GTFO have campaign mode?

GTFO doesn’t have a campaign mode in the traditional sense – it’s more of a story that carries through the game’s continuous life as a “service”. So there is a story, but it will be told over time rather than through a set of expeditions that are part of the package when you install the game. I can’t go into more detail than that at
the moment – but we’re quite forward thinking in terms of storytelling (in addition to other aspects of the game) and we believe it’s going to be an amazing experience for those that get into GTFO for the long run!

GTFO

――The underground space “The Complex” is full of eerie atmosphere. In the world of GTFO, what kind of place is “The Complex”? Any military facilities? Or a chemistry laboratory?

The Complex is an underground building comprised of mining tunnels and hi-tech facilities that has been abandoned and overrun by horrific monsters. What The Complex was used for back when it was still operational is part of the game’s mystery, that you’ll find out as the story unfolds!

――There are so many monsters in “The Complex”. Are monsters based on fantasy world view? Or is it a mutant creature? Please tell me what kind of creatures that monsters are.

Yes, in GTFO you get to fight against (or sneak past) monsters of all shapes and sizes – but whether they’re aliens or mutants or something else is – again – part of the game’s mystery!

――How many types of monsters exist? Also, if monsters have a name please tell me some.

We have a long list of monsters that we want to introduce in the game – even after the game’s release! So far,we have shown you the “Split face” (the monsters with the long tentacles or “tongues” that they use to attack the players), the “Shooter” (which shoots glowing projectiles at the players) and the “Scout” which has long tendrils or “feelers” that it extends into its surroundings to detect intruders so that it can scream and attract other monsters… But again, there will be more monsters than these three…

――Are there boss monsters? Also, if there are bosses in the GTFO, can players get treasure by defeating them?

GTFO is filled with special events such as epic defend scenarios and complex combinations of monsters and environmental conditions that really put players to the test! You might fight against monsters that can only be seen when you shine right at them with your flashlight – but later you are in a part of The Complex where an EMP wave washes over the map every few seconds, and that makes your flashlights flicker and turn off – so now fighting those enemies becomes a completely new and horrifying experience!

GTFO

――How many kinds of guns are there? And please tell me if there are melee weapons or special equipments.

There are a lot of different weapons in GTFO – from pistols and revolvers to SMGs and burst rifles, DMRs and machine guns – and several variations of each kind. And yes, there are melee weapons! What really makes GTFO interesting, however, is the different tools the players can use to help them navigate the maze-like Complex, detect monsters before they can see them, reveal weak points on monsters, etc. A team’s ability to bring the right tools to an expedition – and use these tools correctly – is going to be crucial!

――Are there weapon customization elements?

Yes, all weapons can be customized and modified to cater to your play style!

There were so many monsters attacking the players on the trailer. If players fight against many monsters, bullets are also important.Are there any supply points and checkpoints in ‘The Complex’?

What’s interesting in GTFO is that there is no reward for killing monsters – they don’t drop ammo or health packs for you – so confronting them only exposes you to a direct attack and wastes your precious ammunition! You’ll want to sneak past the monsters any chance you get – although sometimes combat is inevitable. The players will have explore The Complex to find ammunitions and other resources lying around, which goes well with the concept that the player characters are scavengers!

――Are you planning to release the console version? Also, in that case is the release time the same as the PC version?

10 Chambers is a very small team (only nine people) so we have to focus our efforts, otherwise we will never release anything! Therefore, we’re making the PC version first and foremost. Developing and releasing a console version of this ambitious game simultaneously, being such a small team, is just impossible. But we would never rule out the possibility of there being a console version in the future! If the PC version is successful, it would give us the opportunity to get the game to the console gamers as well!

――Japanese core FPS fans are already looking forward to GTFO. Are you preparing a surprise announcement of GTFO at E3?

We love our Japanese fans! Whenever someone contacts us on social media from Japan, we try to write back in Japanese because one of our team members – Svante – is actually fluent in Japanese! Regarding E3, we have been very secretive about the development of GTFO so far – no one has seen much of the game, let alone played it. At E3 we are going to let journalists try the game hands-on for the first time – and there will be a lot of new gameplay footage released during the show! We’re also doing interviews and will show off the game in different live streams!

――Please give me a message to Japanese gamers.

We love the fact that Japanese gamers are hyped for GTFO! 10 Chambers is a really small company and we truly appreciate all support we can get – so keep spreading our news on social media, retweet our tweets, and talk to your friends to get them hyped for GTFO as well!

10 Chambers Collective

share this interview:

Writer: Semapho

 

Hunt Showdown クイックプレイを実装。最大10名のソロプレイヤーで競う新たなゲームモード

Hunt Showdown Quickplay クイックプレイが実装!ソロプレイヤー10名で戦うゲームモード

Hunt Showdown Quickplay 痕跡を求め、他のプレイヤーを蹴散らせ。

18世紀~19世紀のルイジアナ州を舞台にしたFPS『Hunt Showdown』に新たなゲームモード「クイックプレイ」が追加された。この「クイックプレイ」は最大10名のソロプレイヤーで、「エネルギー」を追い求めて競うゲームモードである。先日、Update 4.0.0が導入され、プレイヤーは新たな局面を迎えている。

「クイックプレイ」はソロプレイヤー10名で4つのウェルスプリングという場所でエネルギーを吸収しながら、戦うゲームモードである。バトルロイヤルモードに従来の『Hunt Showdown』のバウンティの痕跡を追跡していくゲームプレイを合わせた、というイメージだろうか。「エネルギー」を吸収したプレイヤーを倒せば、その支配権は移行するという。途中で倒されてしまっても「エネルギー」を獲得していたプレイヤーはリワードが得られるようなので、積極的に奪いにいきたい。

以前に新たなマップも追加され、早期アクセス開始直後は「賛否両論」だった、Steamユーザーレビューも、ここ最近は「非常に好評」となり、高い評価を得ている。そして、2018年12月14日に、「クイックプレイ」が導入されたほか、デイリー/ウィークリーチャレンジが追加され、ゲームプレイによって報酬が得られるようになった。また、細かなガンプレイ設定も行えるようになり、プレイヤーそれぞれのプレイスタイルを追求しやすくなった。

Hunt Showdown Quickplay

Hunt Showdown Quickplay

『Hunt Showdown』クイックプレイ導入の記事をシェアするにはこちらから。

ライター/Semapho Twitterはこちら

 

Maze Slaughter 迷路を舞台にした早い展開のFPSがSteamへ

Maze Slaughter 迷路を舞台にした恐ろしいゲームショーが始まろうとしている

Twitchとサービス連携もアナウンスされた迷路FPS

『Maze Slaughter』はGlant Gun Gamesが開発中の迷路を舞台にしたFPSである。シングルプレイとオンラインマルチプレイ、協力プレイに対応した、アクションとシュータージャンルにあたるゲームのようだ。プレイアブルキャラクターと思われる、Dan Jerouzは自宅の庭でバーベキューを楽しんでいたところ、エイリアンに誘拐され謎の迷路に連れて行かれる。その迷路は亡骸が転がっており、不気味な雰囲気が漂っていた。

本作はまだ開発段階のゲームであり、まだまだ詳細な情報は公開されていない。そのため、今後も弊誌「セマフォの屋根裏部屋」では、本作の続報をお伝えしていく。以下はスクリーンショットと、そこから読み解ける情報の記述だ。

上のスクリーンショットから分かるように、巨大なモンスターが出現するようだ。協力プレイにも対応しているということから、PvEモードがあると思われる。そのため、上のモンスターはPvEに登場するのではないかと予想してみる。

Semapho コメント

海外ドラマ『メイズ・ランナー』を彷彿とさせる絶望感が漂っている。このスクリーンショットのイメージを保って、開発が進んだら、ホラーゲームとしても秀逸じゃないか!曲がり角を曲がったら、モンスターがドンっ!怖い。下のスクリーンショットも確認してみると、めっちゃ不気味!

『Maze Slaughter』はTwitchとの連携をアナウンスしており、視聴者とプレイヤーの対話ができるということだが、詳細については今後判明していくものだろう。

Maze Slaughter
その曲がり角の先になにが待ち受けているのだろうか。

Maze Slaughter

『Maze Slaughter』は現在、開発段階であり、具体的な発売スケジュールはアナウンスされていない。今後の情報が期待されるところだ。興味があればストアページをチェックしてみてはいかがだろう。

記事のシェアはこちら

ライター/Semapho Twitterはこちら