近況報告: 散らばった活動を一直線上にまとめる作業中

近況報告: フリーランスライター/PRとして世界の最前線で活動中

有言実行できた「PC一台で世界の最前線に立つ」

冒頭から近況報告になってしまうが、私はハードコアホラーFPS『GTFO』のPRスタッフとして契約した次第だ。今年の1月にはすでに契約済みだったのだが、公式Twitterの所謂「中の人」として先日、活動することになった。興味があればチェックして頂きたい。

『GTFO』ってどんなゲーム?

『GTFO』公式Twitterはこちら

弊誌を立ち上げる際に掲げた二つの考え方があった。
一つは「PC一台で世界の最前線に立つ」ということ。二つ目は「たった一人で考える時間を提供する」ということだ。
二つ目に関しては現在も挑戦中だが、きっと難しいだろう。しかし、PC一台で世界の最前線に立つということは現時点で達成しているし、今後もさらなるスキルセットを以て、挑戦していくつもりだ。

現在は有り難いことに、少しずつ忙しい日々を送らせていただいており、様々なインプットとアウトプットを繰り返して日々成長できている。
ただし、多方面に散っている活動や学びの場所を整理することも放置してしまっていたため、この機会にそれらを一直線に並べる作業も開始している。
例えば、弊誌「セマフォの屋根裏部屋」はゲームニュースやインタビューなどをお伝えしている。また、上記した『GTFO』のPRスタッフとしての仕事などをキチンと紐づけておくべきだと思った次第だ。
他にも現在、ゲーマー向けの「ビジネスマナーや一般常識」を紹介するブログメディアやゲームフォトグラファーとしてのYou Tubeチャンネルなど、様々な活動を検討しているため、それらも「SEMAPHO」という媒体でお伝えしていきたい。

また、近日様々な報告を予定している。

SEMAPHOのTwitterはこちら

 

海外ゲーム開発スタジオとリモートワーク中のゲーマーが注目する3月リリース予定のFPS/TPS4作品

海外の開発スタジオと契約中のフリーランサーが選ぶ、2019年3月に発売予定のFPS/TPS注目4作品

メジャーからインディーまで!チェックしておきたいFPS/TPS作品たち(2019年3月)

【ご報告】海外ゲーム開発スタジオと契約中です。

GTFO FPS

冒頭から、私自身の話で恐縮ですが、働き方が大きく変化しつつあります。
私は現在、スウェーデンのゲーム開発スタジオ、10 Chambers CollectiveのPRエージェントとして契約しています。
PRを担当しているゲームは『GTFO』というCo-opホラーFPSであり、契約期間中、本作の日本におけるPR(広範囲な表現だが)は私が担当することになっています(GTFO開発者へのインタビューはこちら)。
セマフォの屋根裏部屋の記事の更新頻度は下がっておりますが、弊誌が当初から掲げてきた「たった一人で考える時間を作る」ということを追求し、その延長線上に現在の働き方があるのだと確信しております。
つまり、セマフォの屋根裏部屋で掲載したたくさんのインタビューがなければ、IGN JAPANなどのゲームメディアで記事を書くことはなかったでしょう。そして、その経験がなければ、日本のゲームシーンに「なにが必要なのか」を考えることもなかったでしょう。

私に書く力を与えて頂いた読者の皆さまと、意味を与えて頂いたクライアントの皆さまに感謝申し上げます。

もちろん、セマフォの屋根裏部屋は今後も更新してまいります。
ここは私の居場所であり、今後も「気付き」と「築き」のきっかけがこの場所から生まれていくことでしょう。

※当サイトの記事の転載は許可していません。

2019年3月のFPS/TPSは名作の続編から野心的な作品までギッチリ発売予定

2019年はすでに『BIOHAZARD RE:2 Z』などのヒット作が生まれており、昨年に引き続き豊作が期待できそうだ。
そこで、今回は2019年3月に発売予定のFPS/TPS期待作を紹介していく。メジャー、インディー問わずユニークな様々な作品が発売予定だ。

① 協力型アクションシューター 『RICO』(Steam)

『RICO』はGround Shelterが開発するCo-op FPSである。
24時間以内に事件解決を目指す、2人組の刑事を描いた協力型アクションシューターなのだが、本作のユニークなポイントはランダム生成のミッションとビジュアルにある。
架空の犯罪組織が起こした事件の解決がプレイヤーに与えられるミッションなのだが、その内容は毎回変化していくのだという。また、新しい武器、ミッションタイプなどがアンロック可能であり、幅広いゲームプレイが期待できる。

また、ゲームビジュアルもユニークで、アメコミや3Dアニメなどの影響を感じつつも、伝統的なFPS作品の風格も感じられる。フォトリアルとは一線を画すグラフィックが本作の特徴といえるだろう。それと関係するのかどうかは定かではないが、ゲームの要求スペックも低いため、最新のPCでなくてもプレイしやすいだろう。

・2019年3月15日発売予定
・シングル/ローカルマルチ(画面分割)/オンラインマルチ対応
・日本語対応
・Steam

GTFO 新しいスクリーンショットが公開。アンバサダー向けにメッセージが届く。

GTFO アンバサダー向けのニュースレターに新たなスクリーンショットが公開

GTFO アンバサダー登録と公式Discordサーバー 最新情報が入手できる。

協力型ダンジョン探索FPS『GTFO』はコミュニティに対する感謝と新しいスクリーンショットをアンバサダー向けに公開した。2018年はE3をきっかけに世界中のコアなFPSゲーマーに注目され、多くの期待が寄せられることになった。また、弊誌では開発者にインタビューを行い、その世界観とゲームシステムをお伝えしてきた。それについては、国内のコアなFPSゲーマーに満足して頂けたなら幸いである(インタビュー記事)。

『GTFO』の開発チーム、10 Chambers Collectiveは、度々アンバサダー向けに情報を公開している。アンバサダーになるには、オフィシャルサイトから登録できる。また、ニュースレターでも紹介されているが、公式Discordサーバーも立ち上げれた(Discord)。

今回のニュースレターは年内のコミュニティのサポートへの感謝と以下のスクリーンショットが添えられていた。

GTFO

『GTFO』は2019年春に早期アクセスを開始予定である。今後も弊誌では情報を公開していくため、読んで頂ければ幸いだ。興味があればストアページをチェックしてみてはいかがだろう。

記事のシェアはこちら

ライター/Semapho Twitterはこちら