Hunt Showdown Content Patch 2.1 内容を紹介。武器とマップに大きな変化

Hunt Showdown 霧 がマップの天候に追加されるなど立ち回りに影響する追加

 

Hunt Showdown 霧 や新武器、AIの変更点など

先日、『Hunt Showdown』の開発者によるストリーミングによって発表された、新たな武器や天候などが「Content Patch 2.1」として追加された。また、さらに多くのバグ修正なども含んでいる。この記事では追加要素に注目してお伝えしていく。

Content Patch 2.1

武器

まず、追加武器に関しては先日、開発者のストリーミングについての情報を下の記事でまとめているためそちらを参考にして頂きたい。そちらには動画も貼っているため同時に参考にして頂けると嬉しい。

・Specter Beyonet
・Sparks Silencer
・Winfield Silencer
・Combat Axe
・Throwing Knives
・Storong/Weak Vitality
・Hand Crossbow
・Standard Crossbow(Old school crosbow)
・Poison Crossbow

Traits

新武器に関するTraitsも追加され、さらに選択の幅が広がったように思う。個人的に注目している武器は「Hand Crossbow」または「Standard Crossbow」であるため、「Bolt Thrower Trait」のようなリロードを素早く可能にするTraitsは重宝しそうだ。

Bolt Seer Trait 矢とナイフの視認性を向上させる
Bolt Thrower Trait クロスボウのリロード時間を短縮する

新たなマップセッティング「Fog time of day(霧)」を追加。視認性が低下することはもちろん、それによって様々な情報に気が向くため普段とは違う立ち回りになるだろう。

HUNT showndown

AI

「Meathead」と「Butcher」が応答しなくなるインスタンスを改善。

Audio

音量やサウンドクオリティについての変更点は以下の通り。

・銃を撃った際の衝撃と音の盛り上がりについて安定性を向上
・屋内外の射撃音の一貫性を改善
・水場の足音の改善
・地下空間からの足音の漏れを防ぐためのオーディオクルージョン改善

銃撃

・銃弾がヒットした際のレスポンスが向上
・「Cavalry Saber」使用時のアニメーション改良
・「Knive」アニメーションの改良
・「Flare Pistol」の発射スピードが50m/s から75m/s に上昇
・Antidote shot使用時の変更点
→使用効果継続中に再度、毒になることがなくなった
→ハイヴ、スパイダー、クロスボウの毒矢によるダメージを軽減
・ウッドアックスとスレッジハンマーを投げた際、スピードとダメージが減少
・近接攻撃の正確性向上のため、ウッドアックスを改良
・「Derringer」はリロードすると、残っていた弾も消費し、新たな弾を装填することになる。
・基本的なシングルアクションリボルバーは「Chain pistol」や「Uppercut」よりも早く取り扱える
・爆発範囲を考慮し、改善
・バイタリティーショットとシリンジの区別化(シリンジは青銅色)
・インジェクションショットのアニメーションを3秒から5秒に

Hunter

・スタミナ消費率を減少。これまでよりも長く走れるように
・新しく雇った全てのハンターは標準のものよりも効果が弱いバイタリティーショットを装備している
・Dark Sight Boostを15秒から10秒に短縮

新武器や新Traitsなどももちろん、大きな追加要素なのだが、筆者が個人的に注目している点は地下空間の音が外に漏れにくくなったことだ。恐らく、これは地下空間の真上の地表部に銃声が突き抜けてしまうような状況の改善であると理解している。これらがどのように影響するかはまだ分からないが、気になるところである。

記事のシェアはこちら

ライター/Semapho Twitterはこちら

屋根裏部屋のゲームニュースはこちらから

Hunt Showdown 新武器などが紹介された Developer Live Streaming を振り返る

Hunt Showdown 新武器 が数多く紹介されたライブを振り返る

 

Hunt Showdown 新武器

ルイジアナに新たな魅力的な装備が届くようである。『Hunt Showdown』の開発チームは昨夜、ライブストリーミングを行い新武器などを紹介するビデオクリップを公開した。いずれも、ユニークかつ見た目にも渋いものばかりであった。

Hunt Showdown

『Hunt Showdown』の装備品には味がある。錆びていたり、曇っていたり、使用感までもが描かれている。ストアページを眺めるが好きなプレイヤーも少なくないはず。そして、昨夜の開発ライブストリーミングでは以下のリストにある銃や近接装備などが紹介された。

・Specter Beyonet
・Sparks Silencer
・Winfield Silencer
・Combat Axe
・Throwing Knives
・Storong/Weak Vitality
・Hand Crossbow
・Standard Crossbow

そして、紹介映像の中でコミュニティから反響があったのは新たに追加される「霧」に関するものだった。以前よりマップに適応される新たな天候、気候には関心は高かった上に、開発のROADMAPでも紹介されていたためと思われる。今回の新武器と関連した立ち回りなどアイディアがいくつか湧くプレイヤーもいるのではないだろうか。

その他にも武器バランス調整や新Traitsなども紹介されているため、上の動画をチェックしてみることをおすすめする。

記事のシェアはこちら

ライター/Semapho Twitterはこちら

屋根裏部屋のゲームニュースはこちらから

 

Hunt Showdown 三か月以内に日本語対応することを検討していることが判明

Hunt Showdown 日本語版 ROADMAP により検討していることが判明

 

Hunt Showdown 日本語版 三か月以内に実装も?

『Hunt Showdown』は本日のニュースでもお伝えしたように、Update#2でさらに高次元な戦略性のあるゲームへと進化している。こういったアップデートの多くはすでに開発チームより、オフィシャルサイトのROADMAPで予告されているものが多い。これは他のタイトルでもそうなのだが、実装予定の機能をオープンにすることで、開発がどういった方向に向かっているのかコミュニティに知らせる、という一面もある。

『Hunt Showdown』のROADMAPにはプレイヤーなら恐らくワクワクするような機能追加が予告されている。中には「Crafting」という機能も予告されており、マップ上のなにかを組み合わせて武器になるのか、という想像が膨らむものもある。そして、そのROADMAPはいくつかのタームに分かれており「Short Term」、「Mid Term」、「Long Term」はそれぞれ、4週間以内、三か月以内、三か月以降を意味している。

その「Mid Term」つまり三か月以内に実装されるサービスの中に日本語のローカライズが記述されていることが判明した。これはコミュニティリクエストによるもので、日本人のハンターたちによるフィードバックが実現することを意味しているものである。というのも、筆者も開発者のDiscordにダイレクトメッセージを送り、日本語版リリース要望を出したことがある。

また、同じターム内では新マップや上述した「Crafting」においてワールド内に拾得可能な素材を追加するなど、驚くようなアナウンスが行われている。興味があればそちらもチェックしてみてはいかがだろう。

ROADMAPはこちらから確認可能。

こちらのROADMAPは前回お伝えした内容から、一新されているため多くの内容が追加されたり、変更されている。そのため、当サイト「セマフォの屋根裏部屋」では時期を見てROADMAPの内容をまとめて紹介する記事を公開する予定である。

記事のシェアはこちら

ライター/Semapho Twitterはこちら

屋根裏部屋のゲームニュースはこちらから

Hunt Showdown Update#2 多くの追加要素により、生じる駆け引き

Hunt Showdown Update#2 多くの追加要素と新たな戦略性

 

Hunt Showdown Update#2 もう、ガン待ちは許さない

先週、『Hunt Showdown』に新たに機能や能力などを追加するパッチ Update#2 がリリースされ、多くのハンターにとって戦略性の向上とさらなる駆け引きを生むものとなっている。この記事ではそのUpdate#2により追加された内容を紹介していく。

『Hunt Showdown』はプレイヤーが「ハンター」となり、賞金首であるモンスターを討伐することを目標とした、マッチングベースのPvPvEという構図で描かれたハードコアなFPSタイトルである。クラシカルな銃器、ナイフや斧、ハンマーなどといった近接武器のグラフィックはディテールにこだわっている。最近のアップデートでは発砲音の種類を細かく分け、以前にも増して銃声の鳴り方(または聞こえ方)もよりリアルになっている。

Hunt Showdown

Update#2 でどこが変わった?

以下は公式アナウンスを参考にした変更点、または追加点である。

  • Dark Sight Boost バウンティ(賞金首モンスター)を倒し”Banishing”した後、拾得すると一定時間、他のプレイヤーが見えるようになる。
  • 新しい装備品 フレアピストル(信号拳銃)、HiveBomb(ハイブボム)、ベアトラップ(トラばさみ)を追加。
  • 新しいTraits 「トマホーク」と「ビーストフェイス」を追加。
  • Death screen 死亡時の原因など詳細を表示。
  • フレンド申請ボタン追加 最近のマッチングにおけるパートナーにフレンド申請できるように。
  • ハンターから略奪 死亡したハンターから弾丸、消耗品を補充できる。
  • “Rise Up Dead Man” 『Hunt Showdown』のオリジナルテーマをメインメニュー画面に。
  • Mute VOIP on death – ハンターが死亡した際に他のプレイヤーからのボイスをミュートするオプション追加。
  • ハンターポーズ メインメニューにおいてアイドリング時、ハンターがそれぞれユニークなポーズをとる。
  • ロード時間改善 ロード時間の長さを改善。今後も引き続き、改善していく。

つまり、どれが大きな変化なのか?

上記した変更点はどれも大きな追加機能や、追加要素なのだが「Dark Sight Boost」はこれまでとは全く違う戦略性を生むと思われる。プレイヤーはバウンティをバニッシング(浄化)し、その首を拾って脱出ポイントに向かうことで多額な報酬と経験値を獲得できる。もちろん、そのバウンティは他のプレイヤーも狙っており、ただ単純にバウンティを狩って脱出ポイントに向かうという構図にはならなかった。典型的な例としては、他のハンターがバウンティを討伐し、拾得するのを建物の外で潜伏し、出てきたところを仕留める。というプレイスタイルが一定の強さを誇っていた(ただし、自分たちで討伐していない分、リワードの旨味も少ない)。

この「Dark Sight Boost」はバウンティを拾得した後ダークサイトを使用することで、他のプレイヤーがどこにいるのか分かるようになる。これはハイブボムやポイズンボム、フラッシュバンなど戦略性を高める消耗品が続々と追加された現在、外で”ガン待ち”するリスクの方が一気に高まったと言える。

個人的には新たに追加されたTraits「トマホーク」で早く、他プレイヤーを仕留めたいところだ。銃声を立てるというリスクを冒さずに戦える手段が増えることは非常に有り難い。

記事のシェアはこちら

ライター/Semapho Twitterはこちら

屋根裏部屋のゲームニュースはこちらから

HUNT: showdown Patch1.5 マッチングシステムの変更点など

HUNT showdown Patch 1.5 マッチングシステムの変更など

 

ライター/Semapho

HUNT showdown Patch 1.5 アップデート情報

『Hunt: showdown』は2018年の2月に早期アクセスを開始し、これまでに「Patch1」という大型のアップデートを行う他、テストサーバーの導入によりこれまでよりもリスキーなアップデートをライブサーバーにおけるゲーム体験を損なわずに実装できるようになった。テストサーバーの運用がゲーム開発に及ぼす影響は過去に『PUBG』が示した通りである。

今回の記事で紹介するのは「Patch1.5」というものだ。これはバージョン名ではなく、Patch名である。そしてこれはつまり、さらなる大型アップデート「Patch2.0」への前段階であり、開発が順調に進んでいることを意味している。もし、この「Patch2.0」以降にどんなものが追加されるのか興味があればこちらの 2018 Road Map という記事に翻訳したものを掲載しているため、読んでもらいたい。

HUNT showndown

ローディング時間の改善、マッチングシステムなど大きな変更点

以下はこちらの公式アナウンスをもとにした「Patch1.5」のアップデート内容である。

■ローディング時間

このアップデートにより、マップローディングよりも先にクライアントサーバーへの接続が可能になった。これにより、通常よりも早くゲームがロードされるようになった。今後のアップデートでさらに改善していくとのことだ。

■シンプルな設計に

装備画面においてポップを表示したり、着脱を簡単にするためにこれまで二つの画面に分かれていたものを同一の画面にまとめることで、より装備を素早く着脱できるようになった。

■マッチメイキングシステムの改善

新規プレイヤーは同じブラッドライン(Bloodline)ランクのプレイヤーとマッチするように変更。これにより新規プレイヤーが一方的に狩られるという事態を緩和した。さらにマッチングに2つのグループに分かれるようになった。ランク1~33のグループ①(これが新規プレイヤーが属するグループ)とランク34~100のグループ②である。仮にグループ②で決められた時間内にマッチしない場合、グループ①の最もランクの高いプレイヤーがマッチする。

■地域ごとにおけるミッション選択

プレイヤーの少ない地域のサーバーでは選択できるミッションが限定される。これまで2、3選べたミッションが地域によっては一個に限定されるという可能性もある。つまり、ブッチャーのみミッションにプレイヤーが集まり過ぎると、スパイダーのみミッションでマッチ待ちのプレイヤーはいつまで経ってもマッチしないという問題を回避している。これは体感的にマッチングタイムの改善につながるのではないかと筆者は考えている。

■オーディオ

・発電機とバニッシングの音量が下げられた。これにより同じエリアの足音などが聞こえやすくなった。歩きと走りの足音を僅かに大きくした。つまり、バニッシングしたプレイヤーを屋外で待つことや、屋外で歩き回ることによる気付かれるリスクが高まった。

・遠くの銃声が聞こえやすくなった。これにより遠くの銃声も自分に向けられている、というような印象を持たせるようになった。

■弾丸によるサウンドの違い

コミュニティフィードバックによって、銃に用いる弾丸の種類による発砲音の違いを演出。よりリアルなものに近づけている。例えばライフルの弾丸は弾速が速いため「ポップ」サウンドを設け、それに対しピストルには「ウィズ」サウンドを設けている。つまり、これは遠くから聞こえてきた銃声によって銃のタイプが分かるようになった。今後もこれらに関するフィードバックを多く受け付け改良していくとしている。

■ユーザーインターフェース

スコープの感度とその他の感度を分けて設定できるようになった。分けられるようになった感度は以下の通りだ。

・デフォルト
・短距離スコープ
・中距離スコープ
・長距離スコープ

■バランス調整

以下のTraitsを次のように調整。

・Bulwark 効果を20%から25%へ増加
・Hornskin 効果を50%から25%へ減少

■武器調整

以下の武器を次のように調整。

・Specter Shotgun のダメージが増加
・Mosin Nagant Avtomatのダメージのいくつかの不一致が修正
・Romero Hatchetのダメージ不一致が修正
・ショットガンハンドキャノンの広がりを減少
・ショットガンハンドキャノンの飛距離を減少

■バグ修正

・バウンティをバニッシュした後、ヘルス枠が回復しないバグを修正
・芝生を歩いているときに足音が鳴らないバグを修正
・マップ上のスパイグラスのホルスター音が鳴るバグを修正
・ハンターが炎上中や毒ダメージ中に声を発しないことがあるバグを修正
・スコープで植生を見ると歪んでいたバグを修正
・ミートヘッドが痕跡にスタックすることがあったバグを修正
・ブッチャーの穴(恐らくブッチャーいる場所)のレイアウトを変更
・マップ全体におけるバグを修正
・ローカライズに関する問題を修正

■お知らせ

現在、発生しているフリーズやハングなどの症状は開発も既知の問題だが、今回のバグ修正にはそれは含まれていない。今後の継続的なアップデートでそれらを解決していくとのことだ。

記事のシェアはこちら

ライター/Semapho Twitterフォローよろしくお願いします。

屋根裏部屋のゲームニュースはこちらから

Hunt showdown アップデート情報 最新情報取り扱い

Hunt showdown アップデート 情報は随時更新中

 

Hunt showdown アップデート

「Hunt showdown」のアップデート情報をお伝えしていきます。セマフォの屋根裏部屋はこれまでに「Dead by Daylight」「7Days to Die」「ARK Survival Evolved」のアップデート情報を掲載してきました。それらは検索エンジンTOPに表示されるなど実績があります。

・Dead by Daylight アップデート情報はこちら
・7Days to Die アップデート情報はこちら
・ARK Survival Evolved アップデート情報はこちら

セマフォの屋根裏部屋では毎日インディーゲームニュースをお伝えしています。TOPページのブックマークをよろしくお願いいたします。

セマフォの屋根裏部屋 Twitterフォローよろしくお願いします。

DENIX 古式銃 ダブルバレルピストル 1114【価格と在庫を確認】

HUNT Patch1.5 マッチングシステム改善とローディング時間短縮 6/6 NEW!!

新規プレイヤーが遊びやすくなるようにBloodlineランクでグループ分けしたマッチングシステムが導入。また、ローディング時間を短縮するなど、多くの変更点やバグ修正の情報はこちら。

HUNT Patch1情報を翻訳しました 5/15 NEW!!

『HUNT showdown』スコープや新Traitsの翻訳情報はこちらから。

『HUNT showdown』AIの変更点、BOSSの変更点などはこちらから。

HUNT showdown パフォーマンス パッチを翻訳 NEW!!

ローディングの改善やクラッシュ修正などのパフォーマンスパッチはこちらから。

サーバーアップデートなど 3/5、3/6 NEW!!

日々、サーバーアップデートなどが行われ数10分から数時間アクセスができないことがある。これは、まだ安定していないサーバーを良いものにするためのアップデートであると思われる。アーリーアクセス開始直後ということもあるため、このようなサーバーアップデートは繰り返され、次第に安定していくだろう。

v0.138 HOT FIX含む重要なアップデート 3/1 NEW!!

■概要

・プレイ中のバグやクラッシュを修正
・バックエンドの修正
・バイノーラルオーディオの修正(指向性に関する)
・オーディオはデフォルトでヘッドホンを選択する仕様に。スピーカーへの変更はメニューから可能に。

■詳細

・マッチング中の予期せぬ挙動(ALTとF4を押すことで)が発生し、クラッシュしてしまうバグ修正。これはローディング画面に対するゲーム側の認識の不具合でもあった。

・バックエンドの速度低下を修正し、クラッシュを修正

・エラーコード0x107D1の修正。フレンドを招待時に発生していた。

・アプローチ時にモデルが伸びてしまうグラフィックバグを修正

・ゲーム終了時のガンマ値が戻らないバグ修正

・ネットワークレイテンシ(遅延)が高すぎると飛び抜けてしまうバグを修正

ライター/Semapho

インディーゲームニュースを毎日配信中