スーパーチャットを通して、お金の「使い方」と「稼ぎ方」を考える

スーパーチャット について考える可能性と今後

 

YouTube スーパーチャット の可能性

スーパーチャットという単語がYouTubeユーザーに定着してどのくらい経つのだろうか。これまで広告収益というのがあまりにも簡単に自身のチャンネルの動画に組み込むことができたのが、少しずつ変化した結果、今ではチャンネル登録者1000人以上が必要となった。筆者が思うにこれはある程度正しい方向性であるとも思っている。なぜなら、広告というのはスポンサー……つまり「企業に広告を出してもらっている」ということを理解できているユーザーが非常に少ないと当時から今もずっと感じている。

セマフォの屋根裏部屋

私がそもそも変に思っているのはYouTubeだけでなく、様々な動画投稿サイト(サービス)における多数派の意識にある。企業の看板を背負ってお金を稼ぐことってもっと責任が伴って当然なはずなのに、むしろ広告が流れることを嫌っていたり、そもそも「企業に広告を出してもらっている」ということを理解できていないユーザーが圧倒的に多い印象がある。もちろん、理解しているユーザーもいるだろうが、正直なところそういった人に出会うことは稀である。

そういった意味でスーパーチャットというのはまだユーザーからストリーマーへ流れるお金として意思が間に入るため、ある意味真っすぐな応援の気持ちがお金という形で届けられているように思う。実際に私はゲームを通しての表現に携わっているフリーライターであるため、ゲーム実況におけるスーパーチャット事情には多く知るところである。

プロゲーマーの方の重要な収益にも繋がれば、ゲーム実況を生業としている人の貴重な収入にもなる。しかし、それを分かった上で若い世代の子たちを中心に危惧していることがある。それは「何に対して支払った(支払われた)お金なのか」ということを理解しているかどうかということだ。

というのも、お金は人を惹きつけていく。善意も悪意も動かせる。または動いた結果がお金だったりもする。お金を稼ぐ手段としてストリーミングを選択すること自体は否定しないが、私は稼ぐことよりも稼ぎ方を大事にしたいと思っているため、「何に支払われたか分からないお金」は受け取っていない。最近、よく見かけるのはスーパーチャットが支払われたこと自体が注目されて、エスカレートしている印象がある。

繰り返すようだがストリーマーにとっては貴重な収益なのだけれども、お金の支払いをわざわざ人様に見える形で飛び交わせるサービスになんだか不自然というか気味の悪さも感じてしまう。それってストリーマーがオフィシャルグッズみたいなのを作って販売する形で収益を上げるんじゃダメなの?って思ったりもする。個人的にはお金を誰かに支払うことが表現になっているようで何だか怖さを感じる。

いや、むしろ収益を上げるならわざわざYouTubeに仲介料を取られるのではなくグッズを販売した方が良いのではないだろうか?例えば以下のサービスならばすぐにグッズを作れるし、値段を設定出来たりもする。もちろん、一例に過ぎないがスーパーチャットはお金を支払うパフォーマンスなのか、ストリーマーを支援したいというファンの気持ちなのか、そういうところにずっと不自然が漂って仕方がない。

 

つまり、お金にしてもどんな考え方にしてもSNSやコメント欄にある集団が共有しているであろう意識や多数派の意見に委ねるのではなく、”一人”でどうするのか考えることが大事なのではないだろうかと心底思う。「あの有名配信者さんやそのコメント欄で〇〇って言っていたから」ではなく、自分の考えはどこにあるのかもっと考える機会があっても良いはず。お金の稼ぎ方や使い方の基礎をYouTubeのスーパーチャットで学ぶのは非常にリスキーであると思う。それらを理解した上で「この人のゲームプレイに3000円払いたい」というのであればそれは素晴らしいサポートになると思う。

私の経験上では健全なゲーム実況者はお金を支払うことを煽ったりしない(ジョークは別とする)。そもそも見に来てくれたりコメントをくれることがモチベーションに繋がっているはずだ。応援はお金だけではないし、お金を支払うことを競い合うカルチャーにならないようにどこかでネットリテラシーの重要さを訴える人がいても良いはずだろう。ということでこの記事を執筆している。

勘違いして欲しくないのはお金を稼ぐことは悪いことではないし、むしろ大切で素晴らしいこと。だけれども、なんだか最近のゲーム実況などのストリーミングカルチャーはお金を稼ぐことが先行して”稼ぎ方”が蔑ろにされている気がして仕方がない。というか、ゲームが好きでゲーム実況をしているのか。それとも稼ぐ方法としてゲーム実況をやっているのか。という微妙な考え方が存在するのは共感してもらえるだろうか。

個人的にはゲームが好きでゲーム実況をやっている人の方が好きなのだが、後者のような人がいても問題はないと思う。けれど、それってゲームじゃなくても良いのでは?というのも正直なところ。なぜなら、筆者は元々国内の大手ゲーム制作会社のスタッフであったこともあり、国内におけるゲーム開発者へのリスペクトがあまりにも足りていないことを危惧している。それについては以前、noteに記事を投稿したためそちらを読んで頂ければ嬉しい。

もっと、色々な考え方を表現したり、何かしら形にする人々が日本でもそろそろたくさん出てきてもよいはずだ。もとより日本のカルチャーは尖っていたり、素晴らしいものである。ただし、お金についての基礎はしっかり学んでおく必要はあると思う。「50000円スパチャした!」……けど、それって何に対して支払い、何が残るのか。そういうことを理解し、自分がどこへ向かうのか決めることができれば表現は実はもっと自由になると思っている。

私はこのウェブサイトに非常に多くのゲーム開発チームインタビューを掲載してきた。それにより、たった一人でも世界の最前線で戦うことができることを証明しているし、今後もそのつもりだ。この記事で発信する内容が少数派の意見であることは理解しているし、これを最後まで仮に読む人がいてもほとんどの場合考える機会とはならないだろう。人の意識はそんなに簡単に変わらない。そもそも変えるというより、今の自分が正しいのかどうか考える機会になれば良いのだがそんなに簡単ではないだろう。

あなたはお金の使い方、稼ぎ方にどのくらいの関心がありますか?

記事のシェアはこちらから

ライター/Semapho Twitterフォローよろしくお願いします。

毎日、ゲームニュースが熱い……!

 

 

LP Files 02:team.ZRMK

team.ZRMK ゲーム実況 チーム

 

team.ZRMK Creek さんを紹介

こんにちは、セマフォです。
今回の LP Files は team.ZRMKの Creek さんを紹介していきます。
Creekさんを紹介する理由としては、
ARK Survival Evolved 動画 のクオリティが高く、
当サイトでもARK情報を多く取り扱っているためです。

上記の通り、 Creek さんは
ARKの非常に役に立つ動画から、
紹介動画、検証動画、実験動画などが面白く、
その数もさることながら、
動画へのこだわりが非常に強いところにもゲーム愛を感じます。

もちろん、その他タイトルにおける、
チームの方とのプレイング動画にも注目です。

team.ZRMK YouTubeチャンネル

team.ZRMK Creek さんTwitter

 

Creek さんの動画から感じる ARK愛

管理人 セマフォが Creek さんを知ったのは、
ARK Survival Evolved PS4 の北米版がリリースされ、
プレイヤー として動画も含めて様々な情報を集めている時に、
Creek さんの動画に出会ったのを覚えています。

現在、セマフォの屋根裏部屋チャンネルでも、
アップしている『イカダ海賊船計画』でも、
Creek さんがアップしている、
イカダ における 土台 を水面まで下げる工夫を真似して、
船を造っています。

Creekさんの動画は、
ひたすら地道な作業と研究、そしてアイディアによるもので、
ARK においては単純な実況動画ではなく、
その積み上げによる ARK愛 を感じることができます。

上記のような拠点、イカダなどの役に立つ動画を始め、
アップデート で追加された恐竜や生物を実際に テイム し、
その様子を伝えている動画には、
かなりの 手間 がかかっていることでしょう。

 

Creek さんの動画スタイルについて

管理人セマフォ は、
元ゲーム制作チームということもあり、
並々ならぬゲーム愛を持っているのですが、
team.ZRMK の Creek さんからも、
素晴らしいゲーム愛と『動画クリエイター』としての、
素晴らしいスタイルを感じます。

というのも、ある意味では、
現在の流行りである『一人称実況』とはまた違う、
情報を取り扱う動画をクリエイトしていることにあります。

一人称実況、というのは、
管理人セマフォの感じる現在流行りの実況スタイルなのですが、
どういうことなのか、というと……

野球中継に例えると
普通は『解説・実況者席』からの実況を行うものです。
つまり、目の前に起きた事象に対し、
第三者として実況する、というのが、
実況者席からの実況です。

それが、最近の流行りのゲーム実況は、
ピッチャー目線、バッター目線からの実況なのです。
これは目の前で起きる物事を一人称で伝える実況スタイルです。

その点で言うと、
Creek さんは その両方でもあると思います。
ARK の アップデート による追加要素を プレイヤーとして理解し、
その上で実際にそれらを体験し、
今度は動画でそれを伝える、ということを、
ナチュラル にやっているのが
Creek さんの動画スタイルなのだと思います。

【PS4】ARK: Survival Evolved【値段と在庫を見る】

ARK Survival Evolved PS4 国内版が発売された現在、
さらに高まる国内のARK熱。

情報と熱いARK情報をお求めの場合は、
team ZRMK Creek さんの動画で、
さらなる面白味を感じることができるかも知れません。

セマフォ

 

こちらの記事もおすすめ

 

 

 

LP Files 01:裏切りマンキーコング

裏切りマンキーコング ゲーム実況

 

裏切りマンキーコング ゲーム実況

こんにちは、セマフォです。

今回から『LP Files』という、
Let’s Play、つまりゲーム実況者を紹介する連載記事を書いていきます。
そして、その1回目に紹介するゲーム実況の方は、
裏切りマンキーコング さんです。

裏切りマンキーコング さんは、
よしもとクリエイティブ・エージェンシー 所属の
関谷風次さんと、西澤祐太郎さんによるお笑いコンビで、
特に西澤さんはゲーマー芸人としても知られる実力者です。

その実力と人気により、
スプラトゥーン2のプロゲーミングチーム
Libalent Calamari に加入し、プロゲーマーとなりました。

現在、自身のYouTubeチャンネル、
『裏切りマンキーコング Ch』でゲーム実況動画をアップするなど、
ストリーマーとしての活動が非常に人気となっています。

よしもとクリエイティブエージェンシー 公式サイト

裏切りマンキーコング YouTubeチャンネル

裏切りマンキーコング 西澤祐太郎 Twitter

裏切りマンキーコング 関谷風次 Twitter

当記事のサムネイルの画像は、
よしもとクリエイティブエージェンシー公式サイトから引用しています。
出典元:よしもとニュースセンター

裏切りマンキーコング を知る

当サイトセマフォの屋根裏部屋の管理人は、
元々ゲーム制作に関わっていたこともあり、
ゲームに対しての愛情が強いですし、
同様にゲーム愛やゲームへの情熱がある方も好きです。

そういう意味でも、裏切りマンキーコング さんは
非常にゲーム愛のある方であると思っています。

それは『よしもと初のプロゲーマー』ということもあるのですが、
ゲーム実況 をしているタイトルへの研究にもあると思います。

現在、裏切りマンキーコング さんが、
プレイ動画 としてアップしているタイトルは、
『PUBG』『スプラトゥーン2』がメインであり、
最近では新作の『スーパーマリオオデッセイ』をプレイしています。

裏切りマンキーコング西澤祐太郎さん使用:Razer kraken Green 【正規保証品】
裏切りマンキーコング スプラトゥーン2 と言うと、
スプラトゥーン2 プレイヤー の間では、
かなりの知名度があり、
管理人セマフォもよく マッチング するプレイヤーが、
西澤さんの ユーザー名 を真似しているのを見かけます。

西澤さんのスプラトゥーンシリーズ愛は、
やはり 知識 による強さがあると思います。

良い立ち回りや強ポジションは、
やはり実際にプレイしてみて、
『本当に有用であること』が分からなければ、
それが強いんだ、とは言えないと思っています。

そういった点でも、
西澤さんは研究とゲームプレイが結び付いている、
という印象を持てます。

例えば、スプラトゥーン2において、
○○がおすすめ、という主旨の動画でも、
決して一部の上手なプレイヤーしか真似できない、という、
上級者向け 指南 動画ではなく、
『誰でも真似できる』という動画が僕は面白いと思っています。

具体的には、
スプラトゥーン2 は 置き撃ち が強い、
ガチヤグラ の フジツボスポーツクラブ の強ポジションなど、
僕も実際にマネできて 有効的 な 立ち回り があります。

 

ここに注目すればもっと面白い

裏切りマンキーコング 西澤祐太郎 さんは
プロゲーマーでもありますし、
コンビとしても人気のストリーマーですが、
僕はそこには『お笑い芸人』という
エンターテインメントであることも重要だと思っています。

スプラトゥーン2の動画では、
お二人の掛け合いや『コンビ』ならではの、
呼吸や間の取り方があるのは、
恐らくお笑い芸人ならではのスタイルだと思います。

プロゲーマー である前に、
プロのお笑い芸人 というアイデンティティのようなものが、
裏切りマンキーコング というコンビの根源であると思います。

そのため、ある意味では、
ゲーム実況としては『異端』であるとも言えるでしょう。
それはもちろん良い意味で個性的である、ということです。

スプラトゥーン2 プレイヤー であり、
PUBG ファン でもある管理人セマフォは、
今後も 裏切りマンキーコング さんの動画が楽しみです。


セマフォ

 

スプラ2などコチラの記事もおすすめ