ROOM BLOOM #1 Ljones メロウなヒップホップサウンドを紹介

Ljones 手元に残したいメロウヒップホップサウンドを紹介 ROOM BLOOM #1

Ljones ジャズライクなヒップホップサウンド

本稿はnujabesに影響を受け、メロウでジャズライクなトラックをリリースするカナダのビートメイカー、Ljonesのサウンドを紹介する。LjonesはUKやドイツなどのグッドミュージックを世界中に発信する、Cult Classic Recordsから音源をリリースしている。日本においてはメロウヒップホップ、チルヒップホップのサウンドを広めたヒットコンピレーションアルバム『In Ya Mellow Tone』シリーズにも収録された、Thomas Primeが所属していることで馴染みがあるかも知れない。とはいえ、海外のレーベルの事情まで察知しているのはごく一部だろう。知らなければここから知れば良いのだ。Ljonesのサウンドは手元に置いておきたい。部屋に花を咲かせる、ROOM BLOOMだ。

気持ちよくフィルターが掛かったドラムや、ハイセンスなサンプリングが光る楽曲からは、ヒップホップマナーを感じる。楽曲『Jazz Technician』は温かみのあるベースサウンドと、メロウなピアノが印象的だ。KICKは丸みのある音で、スネアが擦るようなデジタル音なのだが特徴だ。つまり、ドラムサウンド全体を通してアコースティックではなく、デジタルなライブラリを使用しているものと思われる。そのため、ノイジーなインパクトが癖になる、そんな楽曲だ。

nujabesはリスナーに大きな衝撃を2回与えている。1回はそのサウンドによるものだ。秀逸なサンプリングを活かしたメロウなビートやハウスミュージックにも精通するビートメイクはクラブシーンにおいて大きな影響を与えた。アニメーションとも親和性の高いヒップホップカルチャーは、『サムライチャンプルー』によって海外のファンも獲得しただろう。そして、2回目の衝撃は……。

Ljones

これまでにnujabesに影響を受けた人なんて、言ってしまえば珍しくない。もちろん、よりニッチな方向に向かう人々は「nujabesのサウンドがなんぼのもんじゃい」という意見があるかも知れない。だけれども、彼らこそnujabesのサウンドに多くを学んだ可能性だってある。つまり、彼とは違った、メロウなヒップホップを求めているのではないだろうか。もっと、強いビートを求めたり、もっとアコースティックなサウンドを求めたり。

泣かないで、といったタイトルをわざわざ付けてくれる辺りに、Ljonesの日本愛を感じる。一瞬、舘ひろしのサンプリングでも入っているのかとも思ったが、それは危ないってか。Ljonesはカナダから日本のカルチャーに影響を受け、自身のサウンドを展開している。タワーレコードなどのストアでは音源を取り扱っているため、チェックしてみてはいかがだろう。

記事のシェアはこちら

ライター/Semapho Twitterはこちら

chop the onion シールドマシン feat. LIBRO & BASI MVが公開

chop the onion シールドマシン feat. LIBRO & BASI MVとサウンドを紹介

 

chop the onion シールドマシン サウンドを紹介、レビュー

chop the onion(OMAKE CLUB)の新譜、『CONDUCTOR』が2018年12月19日に発売される。その収録曲である『シールドマシン feat. LIBRO&BASI』のMVが先日、公開されたので、サウンドの紹介を行う。韻シストのフロントマン、MCのBASIはソロプロジェクトとしても5枚のアルバムをリリースしている。そして、先にリリースされた『愛のままに feat.唾奇』は多くの話題を呼んだが、こちらの楽曲のトラックはchop the onionが制作している。それだけではなく、BASIの5th ALBUM『LOVEBUM』の収録曲、『The Love』など、ジャズライクでクールな楽曲を手掛けるなど、注目トラックメーカーとしてプッシュしておきたい。

chop the onion シールドマシン

さて、『シールドマシン』を聞いていこう。

まずは、イントロからLIBROがとんでもなく気持ち良い。そもそも、自身の楽曲にLIBROとBASIの両名を迎えるなんて、すごい試みだ。LIBROはトラックメーカーとしても、MCとしても高い評価を受けているアーティストだ(彼こそがアーティストだとも言える)。自身の楽曲を構成する音の一つとして、自らのラップを取り入れるというアプローチから生まれる、哲学的なヒップホップが、このchop the onionのトラックにも染み渡っていて、満たされていく気がする。

トラックの印象としては、レゲエのような上物の入り方が印象的である。それが終始トラックをリードしているが、フックにおけるスクラッチなどクールに畳みかけているパートでやられるリスナーも多いのでは。曲全体を覆っている、どこか怪しげな雰囲気はベースによる影響も強いだろう。このベースラインは、やはりレゲエを思わせるフレーズであり、それが上物の醸し出すオリエンタルな雰囲気とマッチしているのだ。

BASIの楽曲で毎回毎回、このポイントを述べているのだが、BASIの声はラッパーとして特別なものを感じている。BASIの声はリズム隊との相性が良く、トラックのアクセントとなるビート(つまり、気持ちの良いところ)で、韻を踏んだり、抜いたりする。リズミカルなのだが、メロディをつけた歌心のあるラップが人気の要因だろう。『シールドマシン』でも、ビートに沿いつつも、伸びのある上物に合わせるようなフロウや、早口でいったり自由にラップをしている印象を受ける。

chop the onion シールドマシン

記事のシェアはこちら

ライター/Semapho Twitterはこちら

BASI The Love Audio VideoがYou Tubeに公開、キュートなイラストもチェック!

BASI The Love Audio Video 公開!そのサウンドと収録アルバムを紹介。

BASI The Love アルバム『LOVEBUM』のLPが発売へ。

BASIと唾奇の合作となる「愛のままに」のMVが公開され、7inchを入手していないリスナーにも、楽曲を聞く機会が提供されたのは記憶に新しい。そして、2018年12月12日、BASIのアルバム『LOVEBUM』のLP版が発売される。現在のヒップホップアーティストとしては珍しい事例なのだが、オリコンチャートにランクインするなど、完成度が高いアルバムだ。もちろん、筆者もチェックしているし、本稿で紹介する楽曲『The Love』は名曲と言ってよいだろう。

BASI The Love

BASIはヒップホップバンドのフロントマン、MCとして活躍する。ソロアーティストとしての活動も柔軟に行い、韻シストメンバーからも楽曲への信頼が厚いことはこれまでの言動からも判明している。『The Love』のオーディオビデオ公開後には、ベーシストのShyoudogから以下のようなツイートが発信された。


『The Love』のトラックはOMAKE CLUBのChop the Onionが手掛けている。BASIのラップとの相性は現在も抜群で、先述した『愛のままに』のトラックも彼によるものだ。余談だが、筆者はMC PEROもプッシュしているのだが、彼女もOMAKE CLUBから音源をリリースしている。チェックしてみて欲しい(MVはこちら)。

Chop the OnionがBASIに提供するトラックの特徴としては、ジャズライクなサウンドであるということが挙げられるだろう。サンプリングされたフレーズとベースによって、この楽曲の空気は作られていると感じた。さらに、ハイハットの刻み方も特徴的なので、耳を傾けていると面白い。BASIのサウンドレビューを行うと毎回言っている気がするが、BASIのラッパーとしての最大の武器は声にある。ドラムやベースとの相性が良い声質なのだ。『The Love』では、ベースがゆったりとした長いフレーズで展開していく。声がベースと重なりながら、キックとスネアの気持ち良いところでラップしていくのがBASIのラッパーとしての強さだ。

BASI The Love

この『The Love』を収録したBASIの5thアルバム『LOVEBUM』は2017年にリリースされている。そして、2018年12月12日には、そのLPバージョンがリリースされる。アルバムを通して、チルな空気を保ち、様々な愛について歌っており、針を落とすのが楽しみなリスナーも多いのではないだろうか。

BASI Rainy

BASIC MUSIC オフィシャルサイト

記事のシェアはこちら

ライター/Semapho Twitterはこちら

Thrice Only Us シネマティックなラウドロックサウンドが特徴

Thrice Only Us シネマティックなデジタルサウンドを駆使したラウドミュージック

Thrice Only Us ポストハードコアバンドが送るメッセージ

1998年から活動を行うポストハードコアバンドThriceが自身が所属するレーベル「Epitaph Records」の動画チャンネルでMVを公開した。デジタルサウンドと輪郭のハッキリしたビート、そして歪みのあるベースサウンドが特徴。MVの内容も、大人と子どもを通して、自由や正義を訴えるような作品になっている。

Thriceの音色には一つ共通することがある。ドラムとボーカルが音の全面に出ており、その隙間を埋めるようにギターや上物が鳴っているという印象だ。とは言っても、ギターがおまけという訳ではない。むしろ、ヘヴィなギターリフや強烈なフレーズがThriceの特徴でもあるのだが、サウンドボリュームのバランスで言うと、ドラムとボーカルが強烈な印象を残している。全てではないが、ハードロックやメタルにはこういった傾向がある。ポストハードコアはメタルやロックンロールなどのサウンドと融合し、バンドによって表現するサウンドは無数に分類していった(だからこそ、ポストハードコアという言い方をするのだろう)。Thriceはその中でも、ヘヴィメタルから受けた影響が強い。ギターチューニングや、音色の作り方がまさに反逆的な歪みを抱えているのだ。実は、パンクロックはクリーン寄りな音色が好まれることも多い。もちろん、それは逆説的なアクセントの作り方だったりするのだが、その辺りの成分を考慮すると、各ジャンルの歴史が見えてくるかも知れない。

Thrice Thrice

「Epitaph Records」の新旧問わず楽曲紹介、サウンドレビューなどを行う記事はこちら。

記事のシェアはこちら

 

ライター/Semapho Twitterはこちら

 

 

ZORN Chill Out feat.AKLO MVが公開!サウンド分析とショートレビュー

ZORN Chill Out feat.AKLO そのサウンド成分を分析して紹介するショートレビュー

 

ZORN Chill Out feat.AKLO チルな空気にマインドを浸せ。

ZORN Chill Out

ZORNとAKLOの楽曲が驚くほどの頻度でリリースされている。葛飾区レペゼンのカリスマ性のあるラッパーの楽曲が、ここ数年で注目を集めるようになった。具体的なエピソードやライフスタイルを鮮烈なリリックで書き綴った楽曲はどのくらいの層に届いただろうか。メロウなビーツが人気のDJ OKAWARIがトラックを制作した『My Life』における、「洗濯物干すのもヒップホップ」というリリックは、現在のZORNという人間性をイメージするには十分なインパクトがあった。また、『かんおけ』ではTHA BLUE HERBのO.N.Oがトラックを制作するというサプライズもあった。20代のラッパーでこれだけプロフェッショナルなスタイルでラップをしている人間がどれだけいるだろうか。そう思っていると、もう一人カリスマ性のある男の顔が浮かんだ。AKLOである。

ZORNの『Chill Out feat.AKLO』はサウンドプロデュースに、Evisbeatsと前田和彦が参加している。イントロからすでにナイスな雰囲気の鍵盤の音と、ベースが聞こえる。このベースはどうやら、鍵盤で演奏されているようで、独特の丸みが特徴だ。ドラムについては、スネアが非常に気持ち良い音で鳴っている。聞き所としては、このスネアのアクセントに対する、両ラッパーのアプローチがどれだけ気持ち良いかという点にあるだろう。

このトラックは敢えて輪郭をはっきりさせていないような意図を感じる。例えば、Evisbeatsの『ゆれる feat.田我流』や、BASI(韻シスト)の『あなたには』は楽曲をリードしていく、数小節のフレーズがある。しかし、『Chill Out feat.AKLO』はどちらかというと抽象的なトラックであると感じ取れた。しかし、上述したように、鳴りの良いドラムとMCとのマッチングを考えると、非常にバランスの取れたトラックだ。

ZORN Chill Out

ZORN 『Chill Out feat.AKLO』はiTunesで配信されているため、興味があればストアページをチェックしてみてはいかがだろう(ストアページ)。

記事のシェアはこちら

ライター/Semapho Twitterはこちら

Direct Hit 『Perfect Black』MVが公開!サウンド分析&ショートレビュー

Direct Hit Perfect Black MVが公開。メロディックなパンクが炸裂している

 

Direct Hit Perfect Black サウンド分析&ショートレビュー

Fat Wreck Chordsは立ち上げの1990年以来、世界中にパンクロックの種を撒いてきた。80年代のUSパンクシーンをリアルタイムで経験していない世代が求めるパンクロックとはなんだろうか。かく言う私も、88年生まれであり、USハードコア激動の時代は映像作品や音源から感じ取るほか術はない。だけれども、なにか私の中には確実にパンクスとしての自覚やDIY精神の塊のようなものがあって、その結果が弊誌「セマフォの屋根裏部屋」の立ち上げに繋がった。自分の好きな「ゲーム」と「ストリートカルチャー」の両方を取り扱うという(ある種異端な)スタイルに誇りを持っている。

いつの間にか、その種は耳から入っていたのだ。この種は育つと、人生のテーマになる。PUNK ROCKだ。

Direct Hit!はFat Wreck Chordsから音源をリリースしている、パンクロックバンドだ。スクリーモやクロスオーバーからの影響も感じられるが、本稿で紹介する『Perfect Black』はメロディックハードコアにどこかデジタルポップな雰囲気を合わせたクールな楽曲になっている。
イントロから私の眠気を吹っ飛ばすようなパワフルなドラムは芯が詰まったスネアとベスドラムが印象的だ。図太いベースは途中で歪ませたり、ユニークな音色を扱っている。また、ギターの使い分けがとても面白く、かき鳴らすようなバッキングギターとは別に、装飾的なフレーズを鳴らすギターも聞こえてくる。ポップに仕上げているのだが、ボーカルはマイクにかじりつくかのような勢いで歌い上げており、狂気的なサウンドにも聞こえてくる。

Direct Hit Perfect Black Direct Hit Perfect Black

Direct Hit!の楽曲は以前からチェックしているのだが、この楽曲は特にお気に入りだ。ライブだけでなく、音源のリリースにおいても精力的だし、ぶっ飛んでいる。速いビートと攻撃的なギターサウンド、鼓膜に対して不親切なカッコイイ音楽を求めているなら、Direct Hit!をレコメンドしておこう。特にこの『Perfect Black』は若い世代に良い種を撒く楽曲になるのではないだろうか。

この楽曲『Perfect Black』はアルバム『Crown of Nothing』に収録されている(アルバム詳細)。

・Direct Hit! Facebook

記事のシェアはこちら

ライター/Semapho Twitterはこちら

 

Fat Wreck Chords 世界における最重要のPUNK ROCKレーベル特集

Fat Wreck Chords 変わらぬスタンスでPUNK ROCKを発信し続けるレーベル

 

Fat Wreck Chords パンクロック・シーンの最重要レーベル

Fat Wreck Chords

Fat Wreck Chords(ファット・レック・コーズ)は、NOFXのフロントマン、Fat Mike(ファット・マイク)と当時の妻Erin(エリン)によって設立されたレーベルである。現在、ファットはエリンと離婚し、新たな家庭を築いているが、現在もレーベル運営はエリンが行っている。自宅にFAX一台を置いて、数々のバンドと契約、その後の流通も自分たちで行ってきた歴史がある。自身のバンド、NOFXだけでなく、Lagwagon、Less Then Jake、No Use For a Nameを世に送り出し、90年代~現在までのパンクロック、ポップパンクの基礎を創り上げた。また、DescendentsやMe First and the Gimme Gimmes、日本からはHi-Standardなどの音源を取り扱うなど、パンクロック・シーンにおいて重要なレーベルと言えるだろう。過去にはRancid、MxPx、The Atarisなどとも契約し、音源を輩出しており、現在でもネットワークを築いていることから、PUNKSからの信頼も厚い。

 

サウンド分析、MV紹介、音源リリース最新情報

こちらにはFat Wreck Chordsの新旧問わず音源情報、MV公開情報、サウンド分析などを公開していく。

Direct Hit! 『Perfect Black』 ニューアルバムからミュージックビデオ公開! 12/3 NEW!!

ニューアルバム『Crown of Nothing』の収録曲『Perfect Black』が公開。ストレートなメロディックハードコアサウンドに、独自のポップサウンドを取り入れた楽曲は要チェック。PUNKSよ、この楽曲をスルーするのは無しだぜ。

記事のシェアはこちら

ライター/Semapho Twitterはこちら

 

 

Millencolin SOS 2019年2月発売予定のニューアルバムからMVが公開

Millencolin SOS ニューアルバムからMVが公開!その渋いギターサウンドは健在だった

 

Millencolin SOS ニューアルバムをリードする楽曲が紹介された

靭なギターサウンドとキャッチーなメロディが特徴のパンクロックバンド、Millencolinの新たな楽曲が公開された。『True Brew』以来となる、4年ぶりのニューアルバム『SOS』が2019年2月15日(現地時間)リリース予定だが、その収録曲である『SOS』の楽曲を紹介するビデオがYou Tubeチャンネルにアップされた。

『SOS』はギターサウンドが楽曲全体をリードしている印象がある。そして、ドラムとベースが常にリズムを作り出しており、VERSEにおいては、それにギターの歪ませたダウンミュートが乗っかり、リズムの良さが特徴と言えるだろう。ボーカルのメロディにおいても非常にキャッチーで、Millencolin節が効いている。アルバムのリード曲として紹介されたことから、ニューアルバムへの期待も高まるのではないだろうか。

Millencolinのニューアルバム『SOS』は2019年2月15日発売予定である。それまでに、新たな楽曲が紹介される可能性もある。その際はまた、セマフォの屋根裏部屋で紹介していこう。

「Epitaph Records」所属のバンドのサウンド分析と音源紹介はこちら


記事のシェアはこちら

ライター/Semapho Twitterはこちら

Bad Religion My Sanity 世界の狂気と自身の正気の狭間で揺れるPUNK ROCK

Bad Religion My Sanity サウンド分析で考える、世界の狂気と自分の正気

 

Bad Religion My Sanity には彼らの悲哀や怒りが含まれている。

時代的なものなのか、パンクロックのバックグラウンドによるものなのか、Bad Religionはこの世界に起きた悲しい出来事をサウンドで表現してきた。『American Jesus』では皮肉たっぷりに、国内の政治や世界情勢の不満をぶつけていた。本稿で紹介する『My Sanity』はどちらかと言えば、抽象的なリリックであるが、それは自らの内側を吐露したような印象もある。なにを憂いており、世界の狂気と自分の正気とのせめぎ合いを表現しているようなリリックだ。

イントロから中音域が美味しいギターサウンドが印象的だ。そして、『My Sanity』はドラムサウンドがボリューム的にも目立っている。ハイハットは硬く、スネアは輪郭が分かりやすい音になっている。テンポはそこまで速いというわけではないものの、力強さがあり、ドラムがこの楽曲を終始リードしているよ言える。

コーラスにおいては、クラウドが大合唱する様子が浮かぶキャッチーなメロディとリリックだ。Bad Religionの一つの特徴として、ギターが淡々とカッコよいコードワークを繰り返すというものがある。『My Sanity』においても、そういった特徴があるように感じた。そして、ギターソロについても、美味しいところは逃さず、ボーカルへ、バトンパスするような形にプレイされている。

『My Sanity』は2018年11月14日にストリーミングを開始した楽曲だ。今後の新たな楽曲の期待も高まる一曲となっている。

・Bad Religion オフィシャルサイトはこちら

「Epitaph Records」所属のバンドのサウンド分析と音源紹介はこちら


記事のシェアはこちら

ライター/Semapho Twitterはこちら

Epitaph Records PUNK ROCKの名門レーベル所属のバンドのサウンドを分析

Epitaph Records PUNK ROCK名門レーベル所属のバンドの楽曲を紹介

 

Epitaph Records 所属バンドのパンクロック成分を分析

1981年、「Epitaph Records」は、Bad Religion(バッド・レリジョン) のギタリスト、Brett Gurewitzによって立ち上げられた。Bad Religionは西海岸におけるハードコア・パンクシーンの中心バンドであり、Brettにとって、インデペンデントレーベルを立ち上げることは自然なことで、当初こそBad Religion自身の音源をリリースすることを目的としていたが、その後も彼らに影響を受けたバンドの音源を次々にリリース。そして、「Epitaph Records」はOffspringの名盤『Smash』の大ヒットによって、一気にビジネスとしても成功の道を辿る。Descendentsや、ALL、Penny Wise、Social Distortionなどの影響力のあるバンドを数々と手掛けた。今では、自身のレーベル「Fat Wreck Chords」から音源をリリースする、NOFXも「Epitaph Records」から音源を出している。今や、大手音楽レーベルとなった「Epitaph Records」だが、運営方針を変わらず、ローカルのパンクロックバンドとも積極的に契約している。

Thrice 『Only Us』のミュージックビデオが公開!12/10 NEW!!

ポストハードコアバンドのThriceが『Only Us』のミュージックビデオを所属する「Epitaph Records」のYou Tubeで公開。こちらの記事では、そのサウンドを紹介していく。

Millencolin 『SOS』のビデオが公開!ニューアルバムへの期待が高まる 11/27 NEW!!

キャッチーなメロディとストレートなパンクロックサウンドで人気のMillencolinが新曲のビデオを公開。2019年2月に発売予定のニューアルバム『SOS』への期待が高まる。バンドのファンはもちろん、全てのPUNXがチェックすべき作品。

Bad Religion 『My Sanity』サウンド分析&音源紹介 11/27 NEW!!

Bad Religionの新曲『Sanity』のサウンドを分析した記事を公開。世界の狂気と自身の正気の間に揺れる思いを表現した、パンクロックサウンドを紹介。

Justin Courtney Pierre MVを続々公開!情報を随時更新 11/26 NEW!!

活動休止中のパンクロックバンド、Motion City SoundtrackのフロントマンのJustin Courtney Pierreのソロプロジェクトが熱いぞ!ハンドメイド感溢れる、GOODなミュージックビデオも続々公開。キャッチーなパンクロックが聞きたいなら、即チェック!!

 

記事のシェアはこちら

ライター/Semapho Twitterはこちら