Edge of Eternity JRPGからの影響を強く感じるアクションRPG

Edge of Eternity JRPGファンの開発チームが送る、新たなアクションRPG

 

Edge of Eternity JRPGの雰囲気を継承する作品

もしかすると、10代のゲーマーは実感することが少なくなってきたかも知れないが、かつて世界中のゲーマーが手にしていたヒット作品のほとんどは日本から生まれたものだった。今でこそ、『Call of Duty』シリーズを始めとするFPS作品が市場の中心にあるが、ビデオゲームは日本を中心とした産業だったのだ。もちろん、今でも『ファイナルファンタジー』シリーズ、『ドラゴンクエスト』シリーズは人気だが、『ドラゴンクエスト Ⅲ』のリリース直後、学校や会社を休んでプレイするゲーマーが多くて、ニュースで取り上げられる……という時代から移ろいだことは確かだろう。だからこそ、「JRPG」という、RPGジャンルに対するアプローチが付け加えられるようになった。それほどまでに、日本のゲームは独特な雰囲気があり、世界中のゲーマーへ影響を与えたのだ。

『Edge of Eternity』はJRPGへのリスペクトと共に開発が進んでいる。

『Edge of Eternity』がJRPGへの影響を強く受けた、ということが強く表れているのが、コンポーザーとして採用された、光田康典氏の存在にある。『クロノ・トリガー』、『ゼノギアス』、『ゼノブレイド』シリーズなどの名作RPGをはじめ、『大乱闘スマッシュブラザーズX』などの任天堂の人気タイトルにも欠かせない、サウンドトラックを生み出している。

『Edge of Eternity』は祖国のために、犠牲となる覚悟をもった主人公・Daryonのもとに妹(姉)から「母が病にかかってしまった」という手紙が届く。Daryonは母の病気の治療法と自身の生きる道を見つけるための旅に出る。壮大な世界とユニークなストーリーはJRPGに影響を受けたもので、ファンタジーとヒューマンドラマから成る、物語はどのように展開していくのか気になるところだ。

Edge of Eternity
澄んだ空気と背景のぼやけ具合に馴染み深いものを感じる
Edge of Eternity
剣と魔法というオーソドックスなRPGと派手なモーション
Edge of Eternity
巨大なモンスターに立ち向かう戦闘画面

『Edge of Eternity』は2018年のリリースが期待されており、Steamストアにおいては「Coming soon」となっている。PS4、XboxOne、PCというプラットフォーム展開が決まっており、それらの発売予定日が同時期であるかは分かっていない。パッケージ版の写真がオフィシャルサイトに掲載されていることから、販売されるものと思われる。

光田康典氏の楽曲ということやアクションRPGという点から、『ゼノブレイド』シリーズが好きなプレイヤーは楽しめるかも知れない。興味があればストアページをチェックしてみてはいかがだろう。

記事のシェアはこちら

ライター/Semapho Twitterはこちら



屋根裏部屋のゲームニュースはこちらから

BattleBeasts 宇宙刑務所からの脱出に挑む動物たちのアクションシューター

BattleBeasts 動物たちの脱出をかけたRPGアクションシューター

 

BattleBeasts 宇宙刑務所から動物がプリズンブレイク

バトルロワイアルゲームはブームから、ムーブメントへ、そして今後さらに熾烈な販売競争が広がっていくことが予想される。そんな中、様々な個性的なバトルロワイアルタイトルが続々とアナウンスされている。『BattleBeasts』もその一つで、「脱出」がテーマになっているのもそうだが、「動物」と「宇宙刑務所」というキーワードも無視できない。今回の記事では『BattleBeasts』の現在、分かっている情報をお伝えしていく。

『BattleBeasts』はオンラインマルチプレイタイトルであることが明らかになっており、日本語対応も発表されている。プレイヤーは宇宙刑務所に収容された動物となり、脱出ポータルを奪い合うというゲームプレイが紹介されている。本作はシューター作品であることも分かっており、トレーラーにおいても銃を構えた虎のようなキャラクターの姿が見られる。

また、本作は無料ゲームであることもアナウンスされており、入り口としては広いと思われるがどの程度の注目を集めるかはまだ分かっていない。100人のプレイヤーが参加できることを示唆する内容であることから、バトルロワイアルゲームのようなゲームプレイ、あるいはそういったアプローチがあると思われるが、脱出ポータルという存在と動物ごとの能力という点に特徴がある。ストアページには「全員が協力すれば、勝てる可能性は高くなる」という一文があることから、敵はプレイヤーだけでない可能性がある。もちろん、動物が脱出しようとしていることから看守や刑務官といった敵が追ってくる可能性も予想できる。

例えば、『Hunt Showdown』のようなPvPvEのような構図になるのか、それとも脱出ポータルの数や使用制限に関して協力する余地があるのかは、まだ明らかになってはいない。本作は無料ゲームであるため、多くのプレイヤーからの支持を集めることができれば『Fortnite』に続く、人気シューター作品になるかも知れない。

興味があればストアページをチェックみてはいかがだろう。

記事のシェアはこちら

ライター/Semapho Twitterはこちら

屋根裏部屋のゲームニュースはこちらから

Tiny-Tasy Town 領主として自分の街を想像していくキュートなRPG

Tiny-Tasy Town 自分だけの街を作ることを目指すキュートなRPG

 

Tiny-Tasy Town 街を豊かにするために資材調達

何かを創り上げていくというのはやりがいに満ちている上に、こだわりを表現できる。ゲームでも全く同じであり、クラフト系のゲームやシミュレーターなどでは自分だけの国家や、町、村などを創り上げることができるため、多くのプレイヤーから人気を集めている。『Tiny-Tasy Town』は若き領主となり、雑草と魔物だらけの土地を豊かにし、自分だけの街を創り上げていくゲームである。本作はシングルプレイタイトルであることがアナウンスされている。

Tiny-Tasy Town
ビルディング(Building)機能によって街づくりを行っていく。

『Tiny-Tasy Town』はプレイヤーが若き領主となって街の人々と交流を深めながら街を豊かにしていくというゲームプレイに特徴があると思われる。世界観はファンタジーであり、戦闘においては多くのゲーマーにとって馴染みのあると思われるクラシックなアクションパートが用意されている。

街を発展させるには建物を建てていくことであるが、それには資材はもちろん、アイテムを作るためのレシピを入手する必要があるとのことだ。自分が築いた街に世界中から多くの旅人が訪れ、もし気に入ったら定住してくれるという。こういった成果があるのも、本作の魅力であるように思う。筆者は『ドラゴンクエスト7』から登場した移民の街のシステムに似たものを感じた。しかし、自在に建物を建設し、個性を出せるという点では大きく異なるため、アクションRPGが好きで『マインクラフト』が好きなプレイヤーにとっては魅力的なタイトルであるかも知れない。

『Tiny-Tasy Town』は2018年夏、リリース予定であると発表されている。今後の続報を待ちたい。もし興味があればストアページをチェックしてみてはいかがだろう。

記事のシェアはこちら

ライター/Semapho Twitterはこちら

屋根裏部屋のゲームニュースはこちらから

 

2018年上半期 インディーゲーム&期待作 インタビュー 一覧

2018年上半期 ゲーム インタビュー 一覧 を紹介

 

2018年上半期 ゲーム インタビュー FPS作品、RPG期待作など

当サイト「セマフォの屋根裏部屋」は筆・Semapho(セマフォ)一人で運営している。日々、面白そうなゲームの情報を屋根裏部屋というフィルターを通してお伝えしているところである。毎日のゲームニュースはもちろん、インタビュー記事は全て独自性を第一としており、速報性で他のメディアに劣ることはあっても、屋根裏部屋ならではの情報を毎回詰め込むようにしている。この記事では2018年上半期に行った、ゲーム開発チームへのインタビュー一覧を記載していく。

2018年上半期 ゲーム インタビュー

PROXIMA ROYALE SFバトルロワイアル

『PROXIMA ROYALE』はSFをテーマにした、バトルロワイアルタイトルである。現在はまだテストビルドであるが、2018年リリースを予定しており、筆者もテストに参加しており、アップデート情報は毎回お伝えしている。

インタビューはこちらから

DEAD DOZEN 残念ながら開発終了したFPSタイトル

DEAD DOZEN

残念ながら開発が終了してしまったFPSタイトル『DEAD DOZEN』はグールとの駆け引きとシューター要素をミックスしたゲームプレイで注目されたものの、不具合が続出したことからユーザーを獲得できない状態が続いていた。しかし、リリース前には多くの日本人が注目しており、実は私が日本語担当していた。

インタビューはこちら

Kynseed 今度のサンドボックスRPGはお店経営も可

Kynseed

『Fable』の開発に携わっていた開発チームによる新たなサンドボックスRPG『Kynseed』は海外を中心に人気。ストーリーや会話イベントが豊富であるため、日本語対応することでクエストなども分かりやすく楽しめるだろう。現在はテスト期間である。

インタビューはこちら

Ready or Not リアル指向のハードコアFPSタイトル

Ready Or Not

実際の「S.W.A.T.」と協力し、現在開発を行っている戦術や銃のディテールなどリアルなFPSタイトルとして注目されている『Ready or Not』開発チームへのインタビュー。本作ではパブリッシングに対する可能性を思わせる内容も含んでいる。

インタビューはこちら

GTFO 「Complex」と呼ばれる施設に潜入し、ミッション達成を目指す

GTFO

『GTFO』はCo-op対応の探索型シューター作品であり、ホラーテイストやミッション達成などの目標が存在する2018年のFPS期待作。コンプレックス(The Complex)と呼ばれる不気味な施設の謎や、そこにいる”モンスター”についてはリリース後、徐々に明らかになるという。

インタビューはこちら

Moonlighter 2018年上半期 Steamストアにとって注目されたRPGタイトル

Steamストアに登場以降、売り上げ上位をキープし、高いユーザーレビューを獲得したローグライクRPGタイトル。このインタビューでは、ニンテンドースイッチ版リリースについても言及している。

インタビューはこちら

World War 3 「Warzone」と「Recon」どちらのモードでも戦況に影響を及ぼす

World War 3

第三次世界大戦をテーマに描く新たなFPSタイトル。「Warzone」と「Recon」という二つのゲームモードはバトルロワイアルファンのゲーマーへもリーチする期待作。

インタビューはこちら

さらなるインタビューが続々登場予定……!

上半期も多くの期待作、人気作品へのインタビューを公開してきたが、下半期も続々とインタビューの掲載が決まっている。この記事ではまだ具体的なタイトルを述べることはできないが、恐らく当サイトの読者が知っているタイトルやまだ詳細が明らかになっていない期待作などのインタビューを掲載していく。

それらの最新情報についてはTwitterをフォローしてもらえると分かりやすいだろう。

記事のシェアはこちら

ライター/Semapho Twitterはこちら

屋根裏部屋のゲームニュースはこちらから

 

Boozy Dwarf ドワーフが主人公のちょっと不思議なRPG

Boozy Dwarf ドワーフが主人公の不思議なRPGが9月配信

 

Boozy Dwarf 森に生きるドワーフのRPG

Steamストアにおいては毎日なにかしら意欲的な作品が登場し、各ジャンルのファンであるユーザーが吟味していることと思われる。当サイト「セマフォの屋根裏部屋」の家主である筆者はクラフト系ゲームから始まり、最近では『スプラトゥーン2』やいくつかのFPSタイトルにもハマっている所謂、雑食ゲーマーである。趣味はSteamストアの「近日リリース」のカテゴリを隅から隅までチェックすることである。さて、もしかすると既にこのゲームを知っているゲーマーもいるかも知れない。『Boozy Dwarf』である。

上のトレーラーを観てもらえると分かりやすいのだが、本作はサンドボックスRPGであり、木を倒したり、収集できると思われるキノコのようなアイテムも転がっている。また、戦闘においても同じクオータービューによる視点で行われるアクション性のあるものとなっている。注目すべきところは色使いの鮮やかさとポップな展開。また、Steamストアにおいて日本語も対応しているとのことなので、ストーリーをじっくりと追いたい人にも向いているだろう。

Boozy Dwarf

雰囲気としてはほのぼのとしつつも、ノンリニアなストーリーから及ぶ本作は40時間以上のゲームプレイになるとされている。そして、サンドボックスという点において、奥深さを生みそうな予感がする。ドワーフと言えば「斧」であるが、新たな斧を作れたり、もしくはなにかしらクエストで入手できるのだろうか。

筆者としては『聖剣伝説』シリーズや、『マリオRPG』などの雰囲気を感じたほか、最近で言うと『Moonlighter』を楽しめたプレイヤーはストアページをチェックしておいて良いかもしれない。

Steamストアではリリース日が2018年9月4日となっている。

これまでに数度、テストを行っていたため初リリース日は2016年となっている。つまり、長年時間をかけて開発されたゲームであるということになる。気になった場合ストアページをチェックしてみてはいかがだろう。

ライター/Semapho Twitterはこちら

記事のシェアはこちら

屋根裏部屋のゲームニュースはこちらから

オクトパストラベラー 体験版 プレイ感想。『ニヤニヤが止まらない』

オクトパストラベラー 体験版 プレイ感想

 

オクトパストラベラー 体験版 『ニヤニヤが止まらない』

 

この記事にはストーリー全容のネタバレはありません。
システムの紹介と、個人的なおすすめポイントについて紹介しています。

しかし、もしかすると、
製品版になり、システムがストーリーに関係する
ということも、もしかするとあるかも知れません。

そのことをご理解の上記事を読んでくださいませ。

 

 

こんにちはセマフォです。
先日、スクエアエニックスによる、
ニンテンドースイッチ向けの王道RPG
『オクトパストラベラー』の体験版がリリースされました。

僕は幼いころから兄たちの背中越しに、
FF、ドラクエ、ロマサガ、タクティクスオウガなど、
大名作ゲームを見て、そしてプレイしてきた、
英才教育を受けたガキンチョでした。

その頃のゲーマー魂はそのままに大人になった今、
オクトパストラベラーは必ず買うでしょう。

ただし、まだまだどんな内容なのか分からず、
体験版をプレイすることでイメージがつかめると思い、
早速プレイしてきました!!

 

オクトパストラベラー オフィシャルサイト

ドット絵と3Dのバランスのセンス

まず、オクトパストラベラーの、
スクリーンショットなどを見た方はお分かりのように、
キャラクターやマップはドット絵で作られています。

しかし、実際に動かしてみると、
ドット絵でありながら、空間はパワフルな3Dなのです。
シーンの展開やロードも早く、
メモリ周りは早くも堅牢な作りのようでした。

 

アイテムとバトルは全世代向け

例えば、ドラクエ、FF、ロマサガという日本ゲーム業界が誇る、
最高のRPGのようにアイテム管理、ショップ画面、
装備、戦闘中の使用、効果などは、
大きく変わりはありません。

これは近年のブレイブリーデフォルトをプレイしたことがある
若い世代でも馴染みのあるUIやプレイスタイルなのではないでしょうか。

もっと言うと、スマートフォンなどの
モバイルアプリによるRPGプレイヤーでも、
これは馴染めるベーシックなものとなっています。

戦闘システムで言うと、
シールドポイントとBPが特徴的で、
敵の弱点となる武器属性などで攻撃すると、
シールドポイントが減少します。0になるとブレイク状態。

そうなると、攻撃によるダメージ量が大きくなります。

また、BPは毎ターン溜まっていき、
Rボタンを押すと、BPを使って攻撃回数や攻撃威力をあげることができます。
(そのターンの攻撃レベルをBPを使って上昇させる、という感じ)
BPは一度に三回まで使えます。

なので、ブレイクさせた相手に、
3BP消費した『十文字切り』を叩き込めば、
相当大きいダメージを与えることができます。

 

ニヤニヤが止まらなかった

プレイしていて思ったのは、
やはりストーリーにおける説明や、
キャラクターの背景などの説明が必要な箇所は、
多少説明臭くなってもいいから、会話の中で行われると、
プレイヤーはその世界に付いていける、ということ。

もちろん、それは説明過多、ということではなく、
世界設定や歴史などの世界を構成するものについて。
または、世界の常識や魔法の有無など。

これらがキチンと会話の中で行われることが、
なんか懐かしく、嬉しくてニヤニヤしていました。

また、エンカウント方式や画面遷移の早さ、
武具の購入などの画面レイアウトもロマサガファンなら、
絶対好きだろうな、という感じで、
素晴らしいゲームになるだろう、と思っています。

 

オクトパストラベラー 製品版 楽しみにしています!!

 

Semapho

 

屋根裏部屋のレアな情報、インタビュー