〇 ゾンビ アポカリプス RPG 『 Dead Age 』制作インタビュー! 〇

 

近年、サバイバルを題材にした中で
クラフトシステムやゾンビが登場するものが
「トレンドから定番に」なってきている気がします。

今回インタビューを行った Dead Age  という ゲーム は、
まさにサバイバルゾンビが題材となっているのですが、
一つ最大の個性と言えるのが

『 ロールプレイングゲーム 』であるということです。

 

Dead Age

Dead Age 戦闘

 

製品情報

 

価格 1490円

シングルプレイ

現在、日本語は未対応

 


 

ーやあ、僕の名前は Rayk Kerstan Silent Dream のクリエイティブ ディレクターだ。
Dead Ageのプロジェクトマネージメントをしていて、
ゲームデザイン、とライティングを担当している。

 

・最初にDead Age の制作のきっかけをお聞きしたいのですが、
steam の中でも素晴らしいゾンビゲームがあります。
そしてあなたたちはそのゾンビゲームにRPGを融合させましたね。
素晴らしいサバイバルシステムがあり、
プレイヤーは食料や物資のことを考える必要があります。
私の思うにDead AgeはサバイバルゲームファンもRPGも楽しめるものだと思います。
そういったDead Ageというゲームを作るきっかけはなんですか?

 

ーインディーゲームの開発者として限られた予算内で
「テンポが良く、しかし戦略的かつ経営要素があるRPG」制作に集中したんだ。
steam には素晴らしいゲームが何千とある。
そしてインディー開発者が成功するには新しくて革新的なアイディアが必要なんだ。
我々はそれをDead Ageで達成することでファンを獲得できたんだ。
ゲームはコア層に向けたものだけじゃなく、カジュアルゲーマーのためでもある。
だから僕らは難易度のバランスを易しくしつつ、
ハードなゾンビサバイバルRPGにローグライクな要素を取り入れたんだ。

 

・戦闘シーンは3Dモデリングのサイドビューですね。
それからストーリーパートには小説の挿絵、または往年のコミックのようなイラストもあります。
また、メニュー画面はメモ帳のようなユーザーインターフェース。
これはすごくユニークだと思いました。
このようなアイディアはどこから生まれましたか?

 

Dead Age

3Dのサイドビュー戦闘シーン

 

 

Dead Age

ストーリーパート

 

Dead Age のメニュー画面

インベントリ、メニュー画面

 

 

ー通常、限られた予算でRPGを作るのはすごく難しいんだ。
そこで僕らはインディーゲーマーに
十分満足してもらえるようなシナリオのイメージを
ゾンビアポカリプスから得たんだ。
僕は『 Final Fantasy X』の大ファンで、そんな戦闘システムを作りたかったんだ。
ゾンビアポカリプスと永遠の死で何か新しいものを。
君は常に死を感じることができるし、パーティーメンバーの死を見送る。
イラストレーションはウォーキングデッドからアイディアを得て、
いくつかのストーリーのアイディアはローグライクRPGから得たのさ。

 

・私は Dead Age は非常に現実的なゲーム設定だと思います。
特にシビアな食糧事情などが特にリアルであると感じます。
レベルデザインに関して、日本のプレイヤーからも満足しているという意見を目にしました。
その設計に関しては難しくなかったですか?

 

ーサバイバル感を出すのは本当に大事なことなんだ。
全ての資源は不足していなければならない。
プレイヤーはそれについて少し気にかけていなければならないし、
そのためのキャラクターの行動について気を付けなければいけない。
これがサバイバルにおける運営になるんだ。
ゲームにおいて、武器や防具をクラフトして彼らに与えることができる。
君のキャンプを防衛したり、狩りをするためにね。

常にツールやフードなどの資源に気を付けなければいけない。
また、多くのゾンビを倒してレベル上げするなら
パーティーメンバーを三名連れて行く必要があるし、
キャンプで彼らに仕事を与えることだって必要なことなんだ。

しかし、次なるマネージメントはストーリーを進めるためにクエストを攻略することさ。
それらのいくつかにはタイムリミットがあるし、時には大きな決断をしなくてはならない。
これらはランダムな要素があって、ニューゲームを始めた時に
違うサバイバーを選ぶことで少し違ったストーリーになったりする。

 

・次に製品情報について質問します。
私は Dead Age が来月、iOS と Android 向けにリリースされると聞きました。
これらのバージョンはPC版と同じものでしょうか?
またiOS版などは日本でもリリースされますか?

 

ーPC版の方がある程度グラフィックは良いけれど、他は同じだね。
そして日本でもタブレットやモバイルで遊べるよ。

 

・近年、多くのPCゲームがコンソール版に対応しています。
あなたはDead Age のコンソール版リリースを検討していますか?

 

ー現在我々はDead Age のコンソール版を検討している。
コントローラーでの操作の最適化をするため数か月かけると思う。

 

・私は日本でウェブサイトを運営しています。
あなたはクリエイターとして影響を受けた日本のゲームはありますか?

 

ー『Final Fantasy X』はDead Ageにおいて最も影響を受けたよ。
『バイオハザード』は少ない物資とセーブポイントという点において影響を受けた。
個人的には『龍が如く』シリーズの大ファンなんだ。特にゲームプレイが本当にユニークだよ。
日本のRPGはヨーロッパならびにアメリカのゲーマーにポジティブな影響を与えている。

・Dead Age の最新情報と日本のファンへメッセージをお願いします。

 

ーもしあなたがゾンビアポカリプスのようなインディーゲームファンならデッドエイジを楽しめると思う。
ゲーマーのために我々は特別なハードコアモードや、ライトに遊べるようなカジュアルモードを用意している。
常に物資のことを考えるんだけど、もし君がたくさんゲームオーバーになっても
キャラクターのアップグレードをすれば大丈夫さ。

Rayk Kerstan

Silent Dream クリエイティブ ディレクター

 

 


 

 

僕も最近はFPSやTPSのアクションゲームをプレイすることが多くなってきた。
しかし、僕は元々ファイナルファンタジーファンであり、
子どもの頃、兄がはぐれメタルを追って
何時間もレベルアップをしていた時の音を聞いていたドラクエファンである。

それから兄がバイオハザード(ファースト)で不気味な館を
ウロウロしているゾンビに襲われるのを見て、
布団を頭からかぶってチラッと見ていた。

そんなクラシックなゲームへの愛情と影響を
トレンドから新たな定番となりつつあるクラフトやサバイバルなど
そういったものに挑戦してプレイヤーに満足してもらおう、というのは
まさにゲームクリエイターの理想の一つだとも思うし、
それこそがインディーディベロッパーの強みである。

また、iOS Android版のリリースは㋅予定。
日本でも遊べる、ということなのだが、
これは実際にストアを見て、続報を当サイトでお伝えしたい。

 

ゲーム制作が『盛んな時代』だからこそ、
Silent Dreamのようにアイディアを用いて開発する
『Dead Age 』のようなゲームがファンの心を掴むのだろう。

 

インタビュー:路地裏Semapho

また当サイトではDead by Daylight、Portal Knightsなど
様々なゲームのインタビューも独自に行っています。
ぜひ、当サイトをブックマークまたは僕のTwitterをフォローして頂けると嬉しいです。

 

セマフォTwitter