FAN KICKS ゲーム&MLB デザインシューズ

 

FAN KICKS シューズ販売

この記事では当サイトでもインタビューを行った
Dead by Daylight
情報をアップしている ARK Survival Evolved など、
ゲームのアートワーク、ロゴをデザインした、
スニーカーを販売している会社

『FAN KICKS』へのインタビューを掲載しています。

FAN KICKSストアページ はこちら

インタビュー×FAN KICKS

・あなたたちはMLBや様々なゲームのロゴなどをデザインしていますね。
ビジネスを始めることになったきっかけを教えてください。

 

ーこのオーダーメイドシューズは
   実際に僕らが使う靴へのアクセスするための挑戦です。
   それらは特別な許可を得ていて、
   オンデマンド印刷ができる特許を得たものです。
   この機能がなければこうして靴を販売を出来ていないでしょう。
   そして他にこのような機能を見たことがないですね。

 

・私はウェブサイトであなたたちの製品を紹介したところ、
ユーザーから非常に好評でした。
特に Dead by Daylight や ARK Survival Evolved は
日本でも大人気のゲームです。
FAN KICKSの人気商品をぜひ紹介してください。

 

ーDead by Daylightと Warhammer 40000 は
   現在、非常に人気の商品ですね。
   今後、さらに人気ゲームの製品を追加していく予定です。
   なので我々のビジネスに期待して欲しいと思っています。

 

 

・ところで日本からも購入できるんですよね?

ーもちろん!現在までにDbD、Tomb Raider、
   Angry Birdsなどの注文が多かったです。

・今後リリース予定の製品があれば教えてください。

ー具体的なタイトルは挙げられませんが、
   日本 の人気タイトルもその中には含まれていますよ。

 

・好きなゲームタイトルはなんですか?
また、好きな日本のタイトルはありますか?

 

ー私、個人が好きなゲームはTomb Raiderです。
   私は以前アメリカのゲームパブリッシャーチームでした。
   それはいつも私にとっての誇りですよ。
   私は多くの日本のゲームタイトルが好きですよ。
   その中にはストリートファイター、鉄拳(TEKKEN)、Dark Souls、
   モンスターハンター、グランツーリスモが挙げられます。

 

・あなたたちは現在、3つのスタイルの
シューズを取り扱っていますね。
新たなスタイルのシューズを取り扱う予定はありますか?

スタイル①スリッポン

スリッポン Dead by Daylight

商品ページはこちら

スタイル②ハイトップス

スタイル③ローライズ

 

ー現在は我々はこの3つのスタイルで前進することに専念しています。

 

・シューズ以外のアイテムを取り扱うことを検討したことはありますか?

 

ーいいえ、ありませんね。
シューズだけに専念しています。
我々は高いクオリティのデザインとユニークな商品を
ゲーマーの方々に向けて取り扱いたいのです。
コレクティブでユニークなものを実現しているのです。

 

・FAN KICKS の最新ニュースを教えてください。
そして日本のゲーマーと MLB ファンへメッセージをください。

 

ー野球ファン やゲームファンの方々には、
   実際にウェブサイトを見て頂いて、
   我々がなにを提供しているのか?ということを知ってほしいです。
   さらに我々は新たなライセンスを追加しますので、
   ぜひお越し頂けると嬉しいです。
   ありがとうございます。

インタビューを終えて

これまで多くのゲーム制作チームへ
インタビューを行ってきたセマフォの屋根裏部屋ですが、
今回はそこに関連した製品を取り扱う企業への
インタビューを掲載しました。

ゲームは制作チームだけでなく、
ユーザーやそのユーザーに情報届ける人間、
そしてコアなユーザーのゲーム愛を叶える人々がいて、
豊かなゲーム体験と素晴らしいコミュニティが築けると思っています。

そういった意味で、
セマフォの屋根裏部屋のように、
インタビューを届けていく存在と
ゲーム製品を生み出す会社がリンクしていくのは、
非常に強いポジティブなメッセージとなり得ます。

つまり、FAN KICKSへのインタビューは
単なる情報の行き交いではなく、
あらゆる可能性を含んだ記事になっているのです。

FAN KICKSもまた、
新たなステージに到達しようとしています。
日本からも購入可能なので一度ストアを覗いてみてはいかがでしょうか。

 

インタビュー/セマフォ

 

セマフォについてはこちらから

その他 世界初のインタビューはこちら