Post War Dreams 制作者インタビュー

 

Post War Dreams とは

Post War Dreamsとは、
Pulsetense Gamesが開発、KISS ltd がパブリッシャーとして、
2017年秋にリリース予定の
ポストアポカリプス 2.5Dアクションシューターです。

ポストアポカリプスというだけあって、
荒廃した世界で、ゾンビや人間たちが敵となり、
ステージを進んでいくゲームです。

また、2.5Dというのは、
小説の挿絵のようなグラフィックでありつつも、
ステージは3Dのようであり、
それでいて立体的、平面的なアングルを行き来するような
新鮮かつ王道のシューティングアクションを感じるゲームです。

 

今回、Post War Dreams制作者の方へインタビューを行ってきました。
どうぞお楽しみください。

また、無料デモプレイもありますので、どうぞチェックしてみてください。


 

 

 

インタビュー

 

・Post War Dreamsは
サイドスクロールだけでなく様々なカメラアングルがあります。
あらゆるアングルで展開していくゲームは非常に珍しいです。
さらにその切り替えは非常にパワフルですね。
このアイディアはどのようにして生まれたのですか?

 

 

ー制作にはUnreal Engine 4を使っていて、
   このような実験的かつ基本的な機能のカメラアングルは非常に簡単だったのです。
   あなたもゲームプレイをしている間にきっと慣れて調整できますよ。
   私の思うに2.5Dは2Dよりもシネマティックなのです。
   ゲームのイベントなどによってダイレクトに違うアングルに切り替わっていきますよ。

 

Post War Dreams

 

・プレイヤーはポストアポカリプスの世界を冒険します。
トレイラーを見てみると、NPCとの会話イベントが確認できました。
プレイヤーはイベントの中であらゆる選択をしていくのですか?

 

 

 

ーそうですね、そうなります。
  それについては我々は『モラル』の選択としてのみ用意しています。
  Post War Dreamsは伝統的なRPGのそれとは違います。
  クエストを受注して攻略する……というようなものとは。
  PWDは市民を助けることなく終わりを迎えることもできます。
  ストーリーを掘り下げていくこともプレイヤーの責任になるのです。

  我々は広大で深いストーリーを書いてきましたが、
  それを無視する自由もプレイヤーに与えたかったのです。
  ですが、もし他の生存者のことをもっと知りたい場合は
  そこに多くのテキストと共に冒険が待っています。

 

 

Post War Dreams

 

・あなたたちがゲームシナリオを書くときに工夫したことは?

 

 

ー我々が家や故郷を失ったときに人間性に何が起きるのか、ということです。
  「我々は本当に家や故郷が必要なのか」
  「きっと我々はそれがなくても生きていけるのでは?」
  「きっと我々には……」

・プレイヤーは数種類の武器を使えますか?
武器情報について明かせるものがあれば教えてください。

 

 

ーゲームはアーリーアクセスでリリースし、武器を追加していくでしょう。
  現在、プレイヤーはピストルとショットガン、マシンガンを使えます。

 

 

・プレイヤーは武器をカスタマイズできますか?またはそういったプランは?

 

 

 

ー現在のところそういう予定はないですね。

 

 

・ゲーム中に難易度設定はありますか?

 

 

ーはい、それらはファイナルバージョンで実装します。

 

Post War Dreams

 

 

・Post War Dreamsをコンソールでリリースする予定はありますか?

 

 

ーXbox1のライセンスが取得できたらリリースする予定です。
  SONYからのライセンスも取得できたらPS4でもリリースしたいですね。

 

 

・私は日本でウェブサイトを運営しています。
あなたが影響を受けた日本のクリエイターはいますか?

 

 

 

ーこのゲームでの影響、という違うかも知れませんが、
  小島秀夫は我々にとって重要な人物と言えます。
  しかし、ゲーム制作者としての影響は非常に大きいです。

 

 

・日本のゲーマーにメッセージをお願いします。

 

 

ー私は日本のカルチャーや映画が大好きなんです。
  いつか日本に行きたいと思っていますし、それが私の夢でもあります。

 

Post War Dreams制作 Pulsetense Games 

 

インタビューを終えて

 

こんにちはセマフォです。
今回お伝えしたゲームインタビューはPost War Dreamsでした。

セマフォの屋根裏部屋では、
これまで13のインディーゲームのインタビューお届けしてきました。
毎回、個性的なゲームを取り上げていますが、
Post War Dreamsも2.5Dという、
新しく、そしてインディーゲームの粋で情熱的な開発が感じられる、
非常に素晴らしい出会いとなりました。

 

また、今回制作チームのPulsetense Gamesさんのご厚意で、
Steam KEYを屋根裏部屋に頂きました。

そのため、リリース後、
屋根裏部屋でプレイの感想や、
YouTubeで動画配信を行うことを予定しています。

どうぞ、チェックしてみてください!

 

それでは、また。

 

この記事が好きな方にはこちらもおすすめ